言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ。

仕事や友人、恋人・結婚関係において、ハムレット並みに悩むこと。症状を、どう説明する?それとも何も言わない?

求職活動においては「双極性障害のII型です」「躁うつ病です」とは言っていない。その先の説明が長くなってしまうし、先入観が怖いから。

しかし職歴にブランクがあるので何かしらの説明は必要で

「以前の仕事はノルマがあり、不規則で、フレックスも使えない環境だったので身体の調子を悪くして休んでいました」

とトリガーの部分だけ説明した。少し体調面での心配はされたが、結果的に大丈夫だった。ノルマがなく、規則的で短時間勤務の仕事というのもあるだろう。

前の仕事は

「プレッシャーに強いです!ストレス耐性あります!!」

と面接で大嘘をついて就業後にずるずると撃沈したのでそれに比べると大きな成長…だと思いたい。今は、疾患はまだあるけれど次の仕事の責任を全うする心構えはちゃんとあるし、無理もしていないはずなのだ。

それにしても、仕事はこんな感じと一応の答えを出したが、友人や結婚を意識したお付き合いの際にはどういう切り口でカミングアウトすべきなのだろうか。皆さんどうしているのだろう。

私は、友人に関しては似たような症状持ちの人たちの他にも何人かは話している。

「ちょっとメンタルに来てしまって」

という言い方をよくするかも。けれど、仲がいい人に全員話したというわけではない。

親友度はあまり関係なく、なんとなく話すタイミングを逃してしまった近しい人達。えいっと切り出すのもエネルギーがいるし、言うことの義務感を背負いすぎるのもきっと間違っている気がする。なのでもうこれは今後の会話の流れに任せようということにした。長く仕事をしていなかったのでうっすら察してはくれていそうだし、言っても言わなくてもどのみち関係性は変わらないかと思う。

最後は真剣な男女のお付き合いの際。

付き合う前に言う?途中で言う?
結婚前?それとも墓場まで持っていく?

切り出した話、うまく伝えられた経験談、色々なケースを知りたいものです。私は前の人と付き合っている最中に発症したので、次がきたらどうすればいいのか分からない。

自分の家族がほしいなとは思うけれど、はてさて。

#双極性II型 #双極性障害 #躁うつ #うつ
#うつ病 #PMDD #闘病生活 #カミングアウト
#エッセイ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

寺村 咲来

双極性II型・PMDD

双極性II型(軽度の躁うつ)とPMDD(月経前気分不快障害)と共に過ごす日誌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。