逆算タイムテーブル

だるい気候ですね。早寝早起きが苦手です。仕事をするのに朝7時にすっきり起きて、できればお弁当も持って出かけたい。仕事に就く前にただ今訓練中だけれどなかなか難しい。

私の場合、夜が深まるとシーンとした中で神経が研ぎ澄まされて、その日の終わりか翌日の夜明けに向かって何かに打ち込みたくなってしまう。

もちろん頭ではこのままではいけないと分かっている。でもつい、だらだら。

そこで前日の寝る時間から帰宅後までを逆算し細かい時間割を立ててみた。本当は8時間睡眠にしたいけれど、慌ただしく動くのも好きではないので7時間で設定。

A. まっすぐ帰宅する日

24時 就寝
23時 スキンケア、ヘアドライ、5分ヨガ
22時 入浴
21時 食器片付け、お湯はり
20時 夕食
18時半 夕飯準備

-----------

というわけで、ちゃんとしたい日には18時には帰宅しないといけないことが明らかに。

18時って。18時って!!子どもの門限みたいだ。のんびり目に見積もっているはずなのにタイトスケジュールに思えてしまうのはなぜだろう。

いつもいつもまっすぐ帰宅というつまらない生活は嫌だ。友人に会うなど夜外出する日のタイムテーブルも考えてみる。

B. 夜外出する日

24時 就寝
23時 帰宅、スキンケア、ヘアドライ、5分ヨガ

-----------

入浴を30分のシャワータイムとして翌朝に回し翌日お弁当もギブアップすれば23時帰宅で何とかなりそう。けれども人と会うと気持ちが刺激されてなかなか眠れないから、クールダウンを考えると本当は22時帰宅が理想的かな。

今きちんと生活管理ができていないのでしばらくはこのタイムテーブルを基準に行動するつもり。

ひとまず昨晩から今朝は良い感じに!
(写真は睡眠管理アプリのひとつSleep Cycleというもの。時間記録を取るだけでなく、寝息で睡眠の深さを測ってくれたり起こすときも睡眠が浅いタイミングを狙ってすっきり起こしてくれたりなどなかなかおススメ)

うまく続きますように。

#双極性II型 #双極性障害 #うつ #うつ病
#躁うつ #PMDD #生活管理 #自己管理
#自律神経 #夜更かし #夜型生活 #朝型生活
#早寝早起き #眠り #SleepCycle #睡眠アプリ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

寺村 咲来

双極性II型・PMDD

双極性II型(軽度の躁うつ)とPMDD(月経前気分不快障害)と共に過ごす日誌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。