【不都合な真実】セールスライティング専門家の本当は言いたくない勉強とトレーニング

こんにちは、kronekoです。

僕は自分のブログのメルマガ会員限定の会員サイトを作っているのですが、使っていただいている方からこんな質問を受けることがあります。

「セールスライティングの一番いいトレーニング方法や勉強法はありますか?」

つまり、ライティングの力をつけていくためのトレーニング方法やスキルをアップするための方法は何か?ということですが、

今回は僕がセールスライティングを一から学んできた僕が、
たったひとつの真実の答えとしてお伝えしていこうと思います。

この答えは、自分がしてきたことでもあって、
「本」や教材などから学んだ濃縮した答えでもありますので、あなたが「セールスライティングのスキルをあげたい」と思うのであれば、ぜひ参考にしてください。

セールスライティングの最適な勉強方法

まずはセールスライティングの教材を売っている僕からしてこれからお話する内容は、僕にとって「都合のいい話」ではありません。

その理由は、セールスライティングの能力を向上させる上で、そのスキルをあげていくというのは、近道なようなものはないという結論だからです。

「苦労と努力を積み重ねていくしかない。」

結局のところ、これが1つの「答え」になります。

つまりこれは、僕が有料noteにしたノウハウを読むだけだったり、単純にブログを作ってみるだけでは、本質のセールスライティングのスキルアップにはならないということです。

僕は「簡単に誰でも稼げます」という訴求をしているので、僕にとっては都合のよくない話ですが、ただこれは「真理」であり「事実」です。

結局セールスライティングの高いスキルは苦労と努力を積み重ねなければ身につくことはないということです。

これは、どんなにいい本を読んでも、作り込まれた教材を手に入れても絶対にそれだけだけでは、その能力は身につきません。

わかりやすくいうと、「セールスライティングの能力」は体に置き換えると、「筋肉のようなもの」だからです。

筋トレをして積み重ねない限り筋肉がつかないのと同じように、セールスライティングのスキルも「セールスコピーを書く」ということを積み重ねないと身につくことはできません。

筋トレの場合は、語弊のある言い方になりますがひたすら筋トレすれば、効率はさておき筋肉はついていきます。

しかしセールスライティングのスキルはそうではありません。

何も考えずに文章を書き続けていても、スキルアップには結びつかないのです。

頭をフル回転させて読者の気持ちを考えて、一文一文絞り出していくからこそ身についていくものです。

それがセールスライティングというものです。

セールスライティングの基礎を作る「ただ書く」ということについては、
その基盤となる知識の基礎がないことにはセールスコピーを書くということはできません。

野球でいうと、バットの振り方やボールの投げ方といった基礎です。

そういった基礎を学べるのが、「本」などの教材です。

それらを基礎にして自分の頭の中に「原理原則」をいれて、頭をフル回転させてセールスコピーを書いていく。

要するに読んで書くということをしていきます。

これがセールスライティングのスキルをアップさせる唯一の勉強法であってトレーニングの方法だと思います。

結局のところセールスライティングにおいては、これ以上の勉強法はありませんので、こればかりは苦労と努力を積み重ねていくしかありません。

でもその苦労と努力で身につけたスキルはそれをこなした人にとって一生の財産になるはずです。

勉強になるいい本で何度も読んでしていったとしても、最初は1つのコピーを作り出していくというだけで、人によってはノートを目の前に頭が痛くなるほど、試行錯誤を繰り返していくことになるかもしれません。

そこから更に膨大な時間を費やしていくこともあると思います。

ただその「試行錯誤の時間」こそが勉強であり、まさに「ライティング力が向上していっている瞬間」なのです。

うまくいかない時がほとんどでしょう。セールスライティングはいつだってそうです。

セールスライティングはすらすら書けない「深く考えることもなく、すらすら文章が書けます」

それで反応の取れるコピーを書けているなら、もしかしたらかなりセンスのある人なのかもしれませんが、反応のいいセールスコピーを書く人は、相当努力しています。

すらすらとコピーが出て来るというのであれば、それはおそらく何も考えずただ「文章」を書いているだけです。

そんな文章ではなかなか反応は取れません。

考えて考えてコピーを絞り出していく。

それがセールスライティングを本気で学び始めて、そのスキルを高めている段階のあるべき姿です。

僕はもちろん他のセールスライターとして活動している人も最初は同じです。

僕なんかは今でもその繰り返しです。

今書いている文章だって、スラスラ書けている訳ではないですし、リライトも重ねて書いています。

どう伝えればあなたに理解してもらえるか。

どう表現すれば共感してもらえる文章になるか。

これを頭の中をフル回転させて、僕の思い込めて書いているんです。

ただそのように「本気の思いを込めたコピーや文章」を書き上げていくほどに、次第に「考える」という時間は短縮されていくはずです。

その反復と継続こそが「力」を生み出していきわけです。

いかに魅力的なコピーを素早く書き上げていく事が出来るようになるか。

これはいかに「実践」を積んでいくかに左右されます。

セールスライティングは実践を積む

そしてその「実践」はひたすら読み手の気持ちを考えて、セールスライティングの正しい原理原則に沿って、反応の取れるコピーを自分なりに絞り出していくことなんです。

ただこれは決して僕がおすすめする本や有料noteだけ読めば、他のライティング関連の書籍等は全て読む必要が無いと言っているわけではありません。

読める時間と意欲があるなら、読める本はいくらでも読んでいくべきです。

あなたが生み出していく「コピー」は、その言葉によって吸収された知識や思考から生まれていくのです。

より多くの文献に触れて、知識を蓄えて、そしてセールスライティングの基本を学び、それらをもとにコピーを書いていく。

それがセールスライティングの力を高めていく唯一の方法だと思います。

では以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

セールスライティングは「こうして書く」というノウハウと実際にあなたにやってもらうワークつきのnote

この有料noteは基本的なことが書かれています。ですので、すでに稼いでいる方はこの本質を理解していることが多く買わないで大丈夫です。

ですが、セールスライティングのことをあまり分からない、基礎から身につけたいと思うのであればおすすめです。

そのままあなたのブログに活かせるワーク付きですので、より実践的で、実際に行ったワークがそのままセールスライティングに活きてきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

黒猫

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。