見出し画像

今治タオルの件/二次情報で怒ったり憐れむ人は次に一次情報を取りに行こうね

最近SNSで愚痴っぽくチビチビ書いていることがあるので、このnoteをもって終わりにしたい。と言いたいところだけど、また言ってたらごめんね。そのときは「もう言ったやろ」と言ってくれていいよ。関西弁でよろしく。

さて、それだけ立つ腹の収まらないことがあるのだ。

今治タオルの件である。

何のこと?と思った人はたぶんふだんからの興味の対象が違うので気にせずそっ閉じしてくれたらいい。我々の出会いは奇跡だ。気になったら調べてみてね、今なら情報がわんさか出てくるだろう。で、今治タオルの件である。

こう書くとまるで「実習生制度に憤っているんだな~」と思われそうだが、逆だ。じゃあNHKに対して?でもない。答えは、報道を見た一部の人たちの反応がもう腹立っちゃって腹立っちゃって!あ~??正義ですか!?人権派ですか!?言えば又聞きしただけの一時の感情で適当こいてんじゃねぇよバ~カ!!という感じ。あぁ、なんかスッキリしちゃった。ようやく言えた。でもこれだけだとただ逆張りしたいやつに見えるので冷静に事情を書くね。

実習生問題については、2月から4月にかけて取材をしていました。それを形にした記事がこちらです。

偏見を抱く前に知ってほしいベトナム人技能実習生問題のこと
https://traveloco.jp/kaigaizine/foreign-workers

取材の動機は「何も知らなかったから」。じわりじわりと増えていく、「日本へ渡ったベトナム人実習生が不当な賃金で酷使されている」「職場から逃げ出し不法労働、犯罪に走っている人も」という報道は耳にしていたけど、すぐ身近に事情を聞ける人はいなかっただけに、どう捉えていいのか分からなかった。その段階ではもしかしたら自分も「実習生かわいそう」と思っていた節はあるかもしれない。その意味では、はい、私も「又聞きしただけで適当こくバカ」だったと思っております。反論するつもりはございません。

だから「そうだ、事情聞こう」と思い立ち京都へ…ではなく、さまざまな立場で実習生問題について関わる人たちに話を聞きに行った訳です。詳しくは記事をご覧ください。実は私、取材前は、「日本人(雇用主)の多くが無意識に持つ差別意識が問題ではないか」と思っていました。きっと結論はそうなるだろう、と思っていました。しかしフタを開けば違い、そんな善人と悪人にパキッと分かれる問題ではなく、それぞれがそれぞれの事情で原因を持っていた。実習生側の立場においても、です。ものすごく乱暴に端的に原因をまとめれば、「実習生と周りの無知」「家族思いの素朴さ」「利益優先による審査のザル化(職場とのミスマッチ)」の大きくみっつではないかと思っています。そこに差別問題があるとすれば、せいぜい最終局面なんです。

意識ではなく、教育(認知)と構造の問題なんです。マジでほんま、差別問題だと思ってるひとはよく聞いてくれ。それは最終局面であり、まずは「日本に行くと稼げると考える実習生本人と周りの期待」「家族のためなら身を粉にして頑張ろうとする素朴さ」「そんな彼らを利益優先で準備不足のまま送ろうとする人たち」なんです。結果、「悪い結果が予想できるのに需要と供給が一致する」と言える。だから、そこをすっ飛ばして、「ベトナム人実習生かわいそう」と言ってるひと、百歩譲ってそれをよしとしても「ベトナム人かわいそう」と一億人近くを一括りにして言ってるひとは「いやいやあなたそれ"いい人"ぶりたいだけでしょ?偏見まみれだよ?」と俺は思うの。属性に対して傾向はあるよ。でも、一方的に弱者だと決めつけるのは違うでしょ。家族のために異国で働く、その度胸と考えは尊敬に値するものじゃない?それできる?ちょっと聞いてね。今ベトナムが急発展してる背景には、ベトナム戦争で国外へ渡った難民(ボートピープル)が頑張って成功して、また祖国に戻ったことがあると思うのね。何が言いたいかというと、今いる実習生に未来の強者が生まれるよ。度胸って強者を目指す条件だと思うよ。だから憐れむ必要はない、っていう訳じゃない。ツライ状況の人は確かに存在する。ただ、俺からすると、そんな強者の条件を持ち合わせている人たちを一括りにして「かわいそう」と言ってる人は、ものすごく滑稽に感じる。無意識に上下をつくっている。だからそれが偏見そのものだっていうんだ。何度も言うけど、取材前の俺自身にもその節はあったのかもしれない、差別問題だと思って取り組んだからね。だから、言いたい。俺は誠に言いたい。

正義ぶる人、憐れむ人は、まずその目と耳と手と足で調べろよ。ね。調べないなら薄っぺらやぞその感情。24時間で消えるぞ、ストーリーやぞストーリー。あんたら(これを読むあなたじゃないが)がもしまだ「かわいそう」とか思うなら、手はじめに俺の書いた記事を読んでほしい。でも鵜呑みにするな。ここ(note)に書いてることだって鵜呑みにするな。それを言ったら、NHKの番組を見てすべて鵜呑みにしていることに何か言えるはずもないし。

人が自由に使える時間は限られている。そんな、他人事である実習生問題について調べる時間があるのなら、おいしいものを食べたり、買い物に行ったり、ゲームで遊んだり、いろいろ人生を謳歌したいでしょう。が、もしそうなら、助ける気もないなら、ましてや調べる気もないなら。つまり、この問題についてもう時間を使うつもりがないのなら。「ベトナム人実習生かわいそう」とか一切言うな!!!表現の自由?そりゃそうだ。俺がしょうもな、と思うだけだよ。言い方を変えれば、そう発言したのなら、今その人はその言葉にどれだけ真剣に向き合って言ったのか、真価を問われる立場にいる。だれからも問われないけど。問われるとしたら、自分自身がどう思うかだ。

だからそれを俺は、正義だの人権派だの言うんだよ。もちろんこれは皮肉であり、身体張ってそれを実践している(価値観はさまざまだけど)人に対しては、ただただすごいなと思うばかりである。NHKの取材はそこに並ぶよ。価値観が同じなら尊敬する。ただ、誰の視点も偏っている、完全にフラットな視点など存在しない。俺が取材するときも、ベトナム人の友人からも日本人の友人からもそれを心配された。「刺されないか」と言う人もいたし、俺もその可能性がゼロだとは思っていなかった(理由については記事を読めば察しがつくかも)。だからなるべく取材メモをそのまま載せた。でもやっぱり自己主張は入ってる。だから、鵜呑みにしないでほしい。自分で調べろ。

もっと言えば、インターネットで発言する人全員に言いたい。鵜呑みにするな、調べろ、テレビも、新聞も、雑誌も、ラジオも、インターネットも、一次情報以外で知り得るすべては行動のきっかけにすぎない。俺はそう思います。はい、この話題は封印!これで俺が怒ること自体も、なんか昨今のインターネットの手のひらで踊らされてる気がするんだよね。事実も踏まえてだが、だから自分が書いた記事では「誰も責めてやるものか」と思っていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

\中吉/
7

ネルソン水嶋@サルニークリエイション

海外ZINEというサイトの編集長、たまにライター。2011年に旅先で誘われベトナム移住、現地ブログ・べとまる開始。ダチョウに乗って走ったりドリアンを装備したりと人は羨まないが平和な人生送ってます。ライブドアブログ奨学金、デイリーポータルZ新人賞2014など受賞。@のうしろは屋号。

コメント3件

はじめまして。質問です。
ここの下りを読んで、ボートピープルの方々はベトナムに帰れない、帰ったら投獄されると聞いていたし、実際帰れない人に会ったことがあるので私の思い違いだったかなと思ったのですが。
〉〉今ベトナムが急発展してる背景には、ベトナム戦争で国外へ渡った難民(ボートピープル)が頑張って成功して、また祖国に戻ったことがあると思うのね。
https://gentosha-go.com/articles/-/2303

こちらの記事をご覧ください。私の知人友人には、元ボートピープルやその二世の方もいますが、ベトナムで生活している場合もあれば、感情面で戻る気はないと話されていた方もいます。
多忙のところを御返答下さりありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。