「スタバに人が離れてる気がするの私だけかな」みんなはどう思う?

最近、密かに楽しみにしているカフェの人がこんなことを呟いてました。

「都内の富裕層がいる所にあったスタバが、ブルーボトルになっている」

なんとなくカフェ好きの人はお気づきかと思いますが、
スタバは新規店舗はあまり増えておらず、徐々に減っています。

というわけで、こんなことを好き勝手語ってみよー。

【単純にコーヒーが美味しくないから?】

超個人的好みになりますが、スタバは去年久しぶりに飲んだら
ものすっごくまずく感じて驚いたことがあります。

スタバは季節似合わてブレンドを変えるので、たまたまかもしれないし、

しかし、どう考えてもマシーンの清掃が行き届いてない味で、
別の店で飲んだらまあまあ良いかもしれませんね。

でも、とにかく前よりも良い豆を使っていないことがわかったんです。

じゃあ、素材が悪きゃどうするかっていうと。

良い豆を使わないで美味しく飲む方法とは・・・
淹れ方に出てくると思います。

とあるブログで「コンビニのコーヒーベスト5!」

みたいなものをやっていたんですけどね、
濃い派薄い派の両方の支持を得ていたのは、セブンイレブンでした。

ちなみに私もセブンイレブンの珈琲が大好きです。

「うひょー!これが噂の開発に時間もお金もたくさんかけた
セブンイレブンのコーヒーマシンか。早い癖にうまい!」

初めて飲んだ時、驚いたことをよく覚えています。

スタバに置いてあるあのマシーン、実は20万円以上するものでして。

それでも使いまくりますから粉が根詰まりして。
店員さんがガンガン手でたたいてる。

あのマシーンよりも、コンビニ開発のほうが
技術力が高いのではと私は勝手に妄想してます。

あとは、高いマシンがなくても
美味しいコーヒーを淹れて出せる人が増えましたよね。

自家焙煎にこだわって、自分の腕を磨いてカフェで稼いでる人もいますし。

単純に日本人のバリスタ技術、
手軽に美味しく淹れられるコーヒーグッズの普及、
良い豆を選び出す技術も高まっているので。

日本人の食の探求心や普及率はほんと早いです。

お店がかっこよくて、めずらしいってだけだったり、
皆使っているからっている感じで使われているだけの喫茶店でしたら。

前よりもおいしくなったドトールやベローチェがあるので。

あれくらいの価格か回転の速さにしないと続かないのかもしれないと、
妄想しながらスタバの前を横切っています。

【スタバでは普通におしゃべりできないかも?】

さて、そんなスタバがゆっくりと撤退を見せる陰には
コンビニの美味しいコーヒーだけではなく、
カフェでお仕事ブームという事情も見え隠れしています。

前に池袋のコメダに入ったときに感じたのですが。

ランチタイムの一番忙しいときに
パソコン・タブレット・スマホと一気に充電しているお兄さんがいたんです。

それは構わないのですが、
なんか急を要することなのかな?それとも電気代節約しているのかな?

等々、色々考えたのですが。

いつもそういうことしているような素振りでしたので、
これが彼にとっていつもの光景なんだなと思います。

ランチメニューは喫茶店にとって一番稼げるので。

とある区役所の前の純喫茶では、
「12時10分前です!」「よしわかった!」と。

スタッフ同士がまるで闘いのゴングを鳴らすように
熱い声掛けしているお店もあるくらい。

そのランチタイムでパソコンを持ち込まれると。

どうなるか・・・

まあ、予想は出来ますね。

お店からもブーイング、
食べないししゃべらないし、
休憩してるわけでもないならここでなくてもいいだろと。

お客さんからにらまれるの三点セット揃っちゃうんです(笑)

最近は勉強する学生にもチェーン店でも厳しくて
90分までだよ!と初めから窓に張り紙を張り付けてたりもしてます。

喫茶店はもともと、

ちょっと名残惜しいからとお友達とちょっと語らいたいとか。

商談のまとめをしたいとか、
タバコを一服したいって理由から日本でやってきたわけで。

勉強したいとか、仕事したいっていうのは
まだ馴染みがないかもしれません。

しだいにそんな人ばっかり増えると
回転の良い「ちょっとしたおしゃべりタイム客」が離れていきます。

そして、多くの大衆はスタバからゆっくりと離れていく・・・
そんなふうに感じています。

ノマドワーカー専門の安価でお得な喫茶店はネットで探せば結構あるし。

そこまでしっかりパソコンをしたいのなら
お家で集中できる環境を整えていくのもいいと思うよ、と。

家でパソコン作業している私からこっそり、ここで提案しておきます。

なーんていうことを、
セブンイレブンの珈琲豆を買っていて思いついたので好き勝手書いてみました。

ふうむ、あのマシーンの美味しさにやっぱりカナワナイなあとと思いつつ。

淹れている時の美味しそうで幸せな匂い。

これはマシンからは感じないわけだし。

美味しい味に近づけながら、今日も淹れられるコーヒーを楽しみにしてます。

ではまた。


witter 小人の喫茶巡り
https://twitter.com/oisiihoudai

読んでくれてありがとう。
ブログ面白いと思ってくれたら、
コーヒー奢ってください。

ポチっとよろしく。

「コーヒー奢ってあげたくなったときにポチっとするnote~」

他にもマニアックな情報満載のHP
[SALON SAYURI]
http://salonsayuri.info/



4

コーヒー豆に降り立ったカップ戦士の「珈琲ニッキ」

これは、フライパンでコーヒーを限界まで美味しく淹れる方法を模索するフライパン・バリスタの称号を持つ、カップ戦士の愛と希望の軌跡を記した珈琲ニッキでマガジンである。 ・・・なんてね。ほんとはコーヒーから思いついたことを自分の人生に織り交ぜて好き勝手に語ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。