この世は仮想現実という話

一応、諸説ある中の一説なんでしょうが、この世は仮想現実かもしれないらしいです。かのイーロンマスクもこの世が仮想現実ではない可能性は100万分の1もないと言い切っているそうです。

昔むかし、マトリックスという映画をみた時に「やられた!」と思いました。それは昔から想像していた世界が(映画はもっとかっこ良く、完成度が高かったですが)そこにありました。

子供の頃、授業中によくこんな妄想をしていました。

この世界は全部自分が見ている夢で、実際の自分はいっぱいコードを付けられた病室に寝ていて、自分の見ている夢はモニターに映し出されている。そして、その夢と体(筋肉)の動きを毎日計測されていて、見て欲しいところ、見て欲しくないところ全部大人に把握されているんだ。と。

マトリックスを見た時、キアヌリーブスは気づき、救世主になるわけですが、本当にやられたと思いました。

次にやられたと思ったのがリング。誰もがホラー映画、ホラー小説と考えていると思いますが、実はあれは壮大な実験というオチ。今で言うところのAIの実験でしょうね。

全部ひっくるめて今でも強く思っていることは、もしも100%自分を信じることができれば「かめはめ波」が出せる!です。

まぁ、かめはめ波が出せるは言い過ぎだとしても、強い意思で未来を捻じ曲げることはできるんじゃないかと。

今の会社に入り、取締役になろうと決めて1年で取締役になり、「社長になるなんて簡単だ」と言い続けました。

ある日、昔頑張ってくれていたスタッフに「まだ社長になってないんですか?簡単になれるって言ってたのに」と酒の席で冗談のように言われました。ちょっとだけ悔しかったので売り言葉に買い言葉で「じゃ、なるよ」と言って1年内に社長になりました。

私レベルでこんなもんです。もっと意思の強い人ならもっとでしょうね。

小さい頃から人生設計をして19歳で金メダル23歳で2個目の金メダルととると決めていた羽生選手。おめでとう!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

komatsu

sanim

sanimの日常を不定期更新しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。