秋の味覚☆「さつまいもご飯」と「さつまいもベーコン炒め」

スーパーでは秋の食材の値段が安くなってきました。
さつまいもも1本100円を切る値段で売られるようになり、我が家の食卓にも並ぶようになりました。

さつまいもは、「簡単☆大学芋」や「簡単☆スイートポテト」などおやつに使うことが多いです。
が、今年は子どもにもたくさん食べて欲しいので、さつまいもを使ったおかずにも挑戦しています。

節約というポイントから調理すると、1本を2品にする!という点が大切です。(偉そう)
よく使う小技なんですが、食材は何でも少し残しておくと、ちょっとしたおかずを作るときに便利です。
例えば、かにかま10本入りを8本は「節約☆天津飯」のあんに使って、残り2本を朝食の卵焼きに使う、といった具合です。

今回も、炊飯器にお任せの「さつまいもご飯」と、バター(マーガリン)で風味をつけた塩味のおかず「さつまいもベーコン炒め」の2品を作りました。

どちらも簡単にできて、秋を感じられるのでこの季節におすすめです!

【さつまいもご飯の材料】

さつまいも  2/3本

米  2合

塩  小さじ2/3くらい

【作り方】

米を研いで30分吸水させる。
さつまいもは1センチ角に切り、水にさらす。
塩とさつまいもを炊飯器に入れて、あれば炊きこみモードで炊く。

【さつまいもベーコン炒めの材料】

さつまいも  1/3

ベーコン  1枚

バター(マーガリン) 小さじ半分くらい
塩コショウ 

【作り方】

さつまいもは拍子切りや半月切りの一口大に切る。
ベーコンは1センチ幅に切る。
さつまいもをタッパーなどに入れ、ひたひたの水を注ぎラップか蓋をして柔らかくなるまで電子レンジに2~3分かける。
フライパンにバター(マーガリン)熱して、ベーコンを炒める。
続いてさつまいもを投入、軽く焦げ目がついたら塩コショウで味を調えて完成。

☆節約ポイント☆

1本のさつまいもを4人家族で堪能できて経済的です。
塩を入れて炊いたごはんは、翌日に固くなることが多いので、食べきりの2合で炊いています。
さつまいもがホクホク&甘くておいしいです。

さつまいもベーコン炒めは、フライパンを出すのが面倒なら、そのままレンジで調理できます。
お湯を切ったタッパーにベーコンとバターを入れ、蓋なしで1~2分電子レンジにかけます。塩コショウで味を整えれば、即効で1品できます。

パン食にも合うので、作り置きしておいて翌日の朝食にもおすすめです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。