参考文献 | さのかずや修士論文

※いずれも50音順


はじめに

・総務省統計局 『平成25年住宅・土地統計調査 確報集計 都道府県編(都道府県・市区町村)』
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001056224 (2017年1月20日閲覧)
・グッドマン, N.『世界制作の方法』 菅野盾樹訳 ちくま学芸文庫 2008 原著1978

第一章

・宇沢弘文『社会的共通資本』岩波新書 2000
・内田樹『街場の共同体論』潮出版社 2014
・NTTアド『地元意識の把握』2015年度NTTアドオリジナル調査
http://www.ntt-ad.co.jp/news/20150914/20150914.pdf 2017年1月2日閲覧
・大内孝子『ハッカソンの作り方』 ビー・エヌ・エヌ新社 2015
・オックスファム・ジャパン『オックスファムが経済格差に関する最新報告書を発表「最も豊かな1%のための経済」』
http://oxfam.jp/news/20160118_02_Davos%20Inequality_BriefingPaperJPN_FNL.pdf 2016年1月18日発表 2017年1月20日閲覧
・オックスファム・ジャパン『格差に関する2017年版報告書を発表「99%のための経済」』
http://oxfam.jp/news/cat/press/201799.html 2017年1月16日発表 2017年1月20日閲覧
・Gershenfeld, N. 『Fab —パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ』田中浩也監修 糸川洋訳 オライリージャパン 2012
・川喜田二郎『創造性とは何か』祥伝社 2010
・北野啓太郎『世田谷区で子育てするには、世帯年収800万円は必要。保活でわかった激戦区の生活費。』パパやる https://papayaru.com/setagaya-hoiku-kosodate-nenshu/ 2016年12月15日参照
・ケリー三世, J. E. & ハム, S『スマートマシンがやってくる 情報過多時代の頼れる最強ブレーン』三木俊哉翻訳 日経BP社 2014
・厚生労働省『平成25年国民生活基礎調査』http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/ 2017年1月20日閲覧
・厚生労働省『平成27年国民生活基礎調査の概況』http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa15/index.html 2016年12月15日参照
・JR北海道『当社単独では維持することが困難な線区について』http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/161215-4.pdf 2016年12月19日閲覧
・篠原匡『神山プロジェクト 未来の働き方を実験する』 日経BP社 2014
・公益財団法人 世界平和研究所『世界および日本の経済格差の現状と原因について —内外のエコノミストの分析・見解を踏まえて—』http://www.iips.org/research/data/bp351j.pdf 2017年1月20日閲覧
・せっかちパパ『日本という国で、子供2人を育てる適正年収をレポート — RepoLog│日々感じたことをレポートするブログ』http://www.sekkachi.com/entry/Reasonable_income_Japan 2016年12月15日参照
・全国大学生活協同組合連合会『2014年大学生の意識調査』http://www.univcoop.or.jp/press/mind/report-mind2014.html 2017年1月2日閲覧
・総務省『「ファブ社会」の展望に関する検討会(第5回)配布資料』
http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/kenkyu/02iicp01_03000031.html 2016年12月28日閲覧
・総務省『平成27年版情報通信白書』http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc231120.html 2017年1月20日閲覧
・チェスブロウ, H., ヴァンハーベク, W., & ウェスト, J.『オープンイノベーション 組織を越えたネットワークが成長を加速する』PRTM監訳 長尾高弘訳 英治出版 2008
・電通総研『電通総研、「若者×働く」調査を実施』http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0813-004113.html (2017年1月2日閲覧)
・内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局『まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」「総合戦略」』
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/info/pdf/panf_vision-sogo.pdf (2016年12月15日参照)
・内閣府『国民生活に関する世論調査』http://survey.gov-online.go.jp/index-ko.html(2016年12月15日参照)
・日本創成会議・人口減少問題検討分科会『成長を続ける21世紀のために「ストップ少子化・地方元気戦略」』http://www.policycouncil.jp/pdf/prop03/prop03.pdf 2014年5月8日発表 / 2017年1月20日閲覧
・日本創成会議・人口減少問題検討分科会『全国市区町村別「20~39歳女性」の将来推計人口』http://www.policycouncil.jp/pdf/prop03/prop03_2_1.pdf 2017年1月20日閲覧
・博報堂生活総合研究所『「常温」 を楽しむ社会へ~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~ | ひらけ、みらい。生活総研』http://seikatsusoken.jp/report/9537/ 2016年12月15日参照
・Hatch, M.『Makerムーブメント宣言——草の根からイノベーションを生む9つのルール』金井哲夫訳 オライリージャパン 2014
・はてな匿名ダイアリー 『保育園落ちた日本死ね!!!』 http://anond.hatelabo.jp/20160215171759 2016年12月15日参照
・ヒース, J. & ポター, A『反逆の神話 カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか』栗原百代訳 NTT出版 2014
・古市憲寿『絶望の国の幸福な若者たち』講談社 2011
・フロリダ, R.『クリエイティブ資本論—新たな経済階級の台頭』井口典夫訳 ダイヤモンド社 2008
・フロリダ, R.『新 クリエイティブ資本論 — -才能が経済と都市の主役となる』井口典夫訳 ダイヤモンド社 2014
・ボードリヤール, J.『消費社会の神話と構造 普及版』今村仁司,塚原史翻訳 紀伊国屋書店 1995
・牧大介『自立の道を選択した村 — 西粟倉』GURUGURU REPUBLIC http://guruguru.jp/nishihour/takurami/100nen.html 2016年12月18日閲覧
・松谷明彦『東京劣化 地方以上に劇的な首都の人口問題』 PHP新書 2015
・Martinez, S. L. & Stager ,G. 『作ることで学ぶ —Makerを育てる新しい教育のメソッド』阿部和広監修 酒匂寛翻訳 オライリージャパン 2015
・みずほ総研 『二極化する地域別人口と人口減少都市のあり方~人口集積効果を期待して、大都市への移住促進政策も必要』みずほ総研論集 2014年II号 http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/argument/mron1407-2.pdf 2016年12月15日参照
・ミンツバーグ, H.『私たちはどこまで資本主義に従うのか 市場経済には「第三の柱」が必要である』池村千秋訳 ダイヤモンド社 2015
・リフキン, J. 『限界費用ゼロ社会—<モノのインターネット>と共有型経済の台頭』柴田裕之訳 NHK出版 2015

第二章

・家入一真『さよならインターネット』中央公論新社 2016
・家入一真『我が逃走』平凡社 2015
・小田切徳美、藤山浩、伊藤洋志、尾野寛明、高木千歩『日本のクリエイティブ・クラス: 農村×都市=ナリワイ』農山漁村文化協会 2016 p.161
・Oxford Dictionaries “What are the origins of generation names?” http://blog.oxforddictionaries.com/2015/06/generation-name-origins/ 2017年1月20日閲覧
・影山裕樹『ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』学芸出版社 2016
・Google “The Power of Gen C: Connecting with Your Best Customers” Think with Google https://www.thinkwithgoogle.com/articles/the-power-of-gen-c-connecting-with-your-best-customers.html 2014年1月投稿 2017年1月20日閲覧
・ケリー, K.『ニューエコノミー勝者の条件—ウィナー・テイク・オール時代のマーケティング10則』酒井泰介翻訳 ダイヤモンド社 1999 p.3
・上妻世海『Maltine Recordsにおける物語の生成条件 失われた20年の子供たち』「MaltineBook」p.166-p.172 スイッチ・パブリッシング 2015
・総務省『平成27年度 情報通信白書』2015 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc372110.html 2017年1月20日閲覧
・総務省 『総務省コミュニティ研究会 参考資料』2007年2月7日 http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/283520/www.soumu.go.jp/menu_03/shingi_kenkyu/kenkyu/community/pdf/070207_1_sa.pdf 2017年1月20日閲覧
・高橋利枝、本田量久、寺島拓幸『デジタル ・ネイティヴとオーディエンス ・エンゲージメントに関する一考察 ——デジタル・メディアに関する大学生調査より——』応用社会学研究 No50 71 2008 http://blogs.harvard.edu/toshietakahashijp/files/2011/09/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88.pdf 2017年1月20日閲覧
・tofubeats『インターネットはいかにぼく(と音楽)を救ったか? — tofubeats寄稿』WIRED 日本版 VOL.13 2014年9月10日発売 http://wired.jp/2015/01/28/internet-me-and-music/ 2017年1月20日閲覧
・tomad「COLUMN INTERNET SHE IS THE GIRL OF MY DREAM VOL.15 渋谷」SWITCH VOL.33 №1 Jan. 2015 p.143 スイッチ・パブリッシング 2015
・橋元良明+電通 奥律哉・長尾嘉英・庄野徹『ネオ・デジタルネイティブの誕生—日本独自の進化を遂げるネット世代』 ダイヤモンド社 2010
・Vergo, S. & Lusch, R. “Evolving to a New Dominant Logic for Marketing” Journal of Marketing 2004
・平山(通称:おかん)『「恥を捨ててエモく発信しろ!」京都の老舗音楽フェスで語り散らしたフックアップ文化の話をしようか』ジモコロ 2016年10月17日投稿 http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/okan03 2017年1月20日閲覧
・Pankraz, D. “Gen C:The Connected Collective By Dan Pankraz” http://www.slideshare.net/guestbcb2a7/generation-c-the-connected-collective-by-dan-pankra 2009年2月23日投稿 2017年1月20日閲覧
・PwC “The rise of Generation C: Implications for the world of 2020” 2010 http://www.strategyand.pwc.com/media/file/Strategyand_Rise-of-Generation-C.pdf.pdf 2017年1月9日閲覧
・Prensky, M. “Digital Natives, Digital Immigrants” MCB University Press, Vol. 9 №5, October 2001 http://www.marcprensky.com/writing/Prensky%20-%20Digital%20Natives,%20Digital%20Immigrants%20-%20Part1.pdf 2017年1月8日閲覧
・Palfrey, J. & Gasser, U. “Reclaiming an Awkward Term: What we Might Learn from ‘Digital Natives’ ” I/S: A Journal of Law and Policy for Information Society 1 2011
・Forbes “What Is A ‘Millennial’ Anyway? Meet The Man Who Coined The Phrase” http://www.forbes.com/sites/samanthasharf/2015/08/24/what-is-a-millennial-anyway-meet-the-man-who-coined-the-phrase/#2a59e8b0278b 2015年8月24日投稿 / 2017年1月20日閲覧
・Prensky, M “H. Sapiens Digital: From Digital Immigrants and Digital Natives to Digital Wisdom,”
・Innovate: Journal of Online. Education: Vol. 5: Iss. 3, Article 1. 2009 http://nsuworks.nova.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1020&context=innovate 2017年1月9日閲覧
・丸田一『ウェブが創る新しい郷土 地域情報化のすすめ』講談社現代新書 2007 p.49
・Maltine Records『MaltineBook MaltineRecords 2005–2015 10th Anniversary Issue MARU-100』スイッチ・パブリッシング 2015
・文部科学省『3.子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題 』「子どもの徳育の充実に向けた在り方について (報告) 」子どもの徳育に関する懇談会 2009 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/053/gaiyou/attach/1286156.htm 2017年1月12日閲覧
・Forbes Japan 『更新:パリ同時テロ 実行犯はPS4を通信に利用か』2015年11月15日 http://forbesjapan.com/articles/detail/10159 2017年1月14日閲覧

第三章

・総務省 『平成27年度学校基本調査』 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001070258&cycode=0 2017年1月20日閲覧

第四章

・遠軽町役場 『えんがる歴史物語—ストーリー—』2017年1月20日閲覧
「ハッカの仲買人と悪徳商法」http://story.engaru.jp/story/%E7%89%B9%E5%BE%B4%E7%9A%84%E3%81%AA%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%80%8D/3/
・「サミュエル事件」
http://story.engaru.jp/story/%E7%89%B9%E5%BE%B4%E7%9A%84%E3%81%AA%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%80%8D/4/
・「かぼちゃ団体の陳情」
http://story.engaru.jp/story/%E3%81%8B%E3%81%BC%E3%81%A1%E3%82%83%E5%9B%A3%E4%BD%93%E3%81%AE%E9%99%B3%E6%83%85/
・家庭教師のトライ『北海道の高校偏差値一覧』 http://www.trygroup.co.jp/exam/high/hokkaido/list/ 2017年1月20日閲覧
・札幌広域圏組合 『札幌広域圏の概要』 2016 http://www.kouiki.chuo.sapporo.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/fd5cb7075b8a8d0063509f6aad3c6ef4.pdf 2017年1月20日閲覧
・総務省 『平成28年度 学校基本調査』 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001079872&cycode=0 2017年1月20日閲覧
・北海道オホーツク総合振興局 『統計オホーツク圏 住民基本台帳』 http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/move/toukei/jinkou-juuki.htm 2017年1月20日閲覧

第五章

・小田切徳美、藤山浩、伊藤洋志、尾野寛明、高木千歩『日本のクリエイティブ・クラス: 農村×都市=ナリワイ』農山漁村文化協会 2016
・Bunt, L. & Harris, M. “MASS LOCALISM : A way to help small communities solve big social challenges” Nesta 2010 http://www.nesta.org.uk/publications/mass-localism 2017年1月20日閲覧
・藤山浩 『【演題】集落地域への人口定住を支える「小さな拠点」 ~決め手は“合わせ技”の循環づくり』H26「小さな拠点」づくりフォーラム in 東京http://www.mlit.go.jp/common/001063366.pdf 2017年1月20日閲覧
・BuzzFeed “How Teens In The Balkans Are Duping Trump Supporters With Fake News” Nov. 4, 2016 https://www.buzzfeed.com/craigsilverman/how-macedonia-became-a-global-hub-for-pro-trump-misinfo?utm_term=.anY5l4JmZw#.yb1GB0pw2L 2017年1月20日閲覧
・池田純一 『“post-truth”の時代の始まり:ザ・大統領戦(21)』WIRED.jp 2016.12.04 http://wired.jp/series/super-election/21_post-truth/ 2017年1月20日閲覧

おわりに

・tofubeats『インターネットはいかにぼく(と音楽)を救ったか? — tofubeats寄稿』2014年9月10日発売『WIRED』日本版(VOL.13)http://wired.jp/2015/01/28/internet-me-and-music/ 2017年1月20日閲覧


↓目次に戻る↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けるとさのが頑張って大人に怒られそうなことを書き続けられるようになります、あと北海道に帰れるタイミングが増えます

🙌
3

さのかずや

Freelance BizDev, Technologist / 新規事業と技術演出 http://sanokazuya0306.com

さのかずや 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修士論文

さのかずやの情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了時の修士論文「特定の地域にまつわるクリエイティブ・コミュニティ形成のためのメディアの可能性」(2017) を全文掲載しています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。