#メディアリサーチカナダ 2019年3月 モントリオール編

3月〜4月、カナダとアラスカに行ってきました。

こういう理由です。Perfumeワールドツアーよすぎでした。あとはもう月公演とかに行ったらいいのか?

ということで、 #メディアリサーチカナダ そして #メディアリサーチアラスカ というハッシュタグで延々と実況してたのですが、振り返れるようにnoteでまとめていこうと思います。


成田→モントリオール

Air Canadaにて。時差は13時間。ほぼほぼ地球の裏側。

映画を2本見た。15時に出て現地につくのが15時。狂ってる。

実はモントリオールは人生2回め。1回めは去年の7月に国際学会でアメリカに来たときに。ノガミくんのクラファンのリターンで「モントリオールのノガミくんのアパートに宿泊」というリターンだったので宿泊させてもらった。そのときにもいろいろと驚きがあったので、もうちょっと見てみたいと思い再訪。

モントリオールはとにかく文化度が高い。ざっくりとした感想だけど。文化度の高さが何からくるものなのかはちょっと説明が難しい。

ご意見

元モントリオール在住者のご意見

そういったことも踏まえてまちなかを探索。


モントリオールまちあるき

モントリオールはクラフトビールみたいなローカルプロダクトがめっちゃ多い。後で回ったトロントとかバンクーバーとかよりも段違いに多かった印象。

モントリオール中心街の伝統建築リノベ。ちょっと規模が半端なかった。

意外に高級すぎて手が出ないレベルではない。こういうところの不動産業はどういう感じなんだろう。東京とかよりはもっと未来のことを考えてそう。

メシはかなりハイソ。

中心街だったけど割と土曜日でも人が集まっていた。日本だと大手町のビルのコワーキングスペースに土曜日でもフリーランスがそれぞれ来て仕事するとかあんまり想像できない。いいのか悪いのか。



AURAはモントリオールに本拠地を置く世界最大のプロジェクションマッピング会社、MOMENT FACTORYが手がける、大聖堂まるごと使ったプロジェクションマッピング。スケールがやばい。

前回来たときはAURAの上演のときだった。

フランスとかスペインとかドイツとかでも大聖堂は見たけど、こういうスタイルの演出がされているところは見なかった。証明の工夫か。

モントリオール中心部のダム広場。モントリオールはケベック州の州都で、カナダの1/4の人口を抱えるケベック州は一番最初はフランス人の植民地だった。250年前にケベックがイギリス領土になったときに、同化政策を取らずフランス語を使うことを許したことが、今日のカナダの英語とフランス語の2つの公用語があることにつながっているらしい。


ギャラリー

もうなくなっちゃったけどそんな感じだったんですね。

この解釈があってるのかはわからん


まちあるきで気づくこと

これは広告じゃなさそうだった、街を彩るものとしての動画作品が展示されてるのはほんとうに豊か。その暮らしの余裕はなんなんだろう。

「金回ってんな感」と「若者いっぱいいるな感」。なんなんだろうな。どうやったらそうなるんだろう。


モントリオール近代美術館

バンクーバーでも美術館に行ったけど、そっちも「BMO(銀行)がスポンサーになってくれているので任意の寄付金で入場できます」というような制度だった。10ドル(≒850円)くらいかな?と窓口のお姉さんに言われたのでタダというわけでもない。

イヌイットアートはアイヌのことを学ぶにあたって勉強していきたいところ。

北海道の木彫りカルチャーもうちょっとdigらないとなー。歴史的な背景は把握してるけど最近の情報はあまりつかめていない。

世界各地の美術館に行っては穿った見方するマン

文化度の高さの源泉はこういうところなんだろうか。

CALM AND TURMOIL≒落ち着きと騒乱、みたいな。戦乱の世の中で侍は自己を保つために禅の思想が必要だった、というようなことが書いてある。

モントリオールは街じゅうのあいてるでかい壁に、すべからくカッコいい絵が書いてある。北米でしばしば見られるのだけど、たぶんモントリオールは他の地域より圧倒的にその絵の数が多い。その中でもたぶんこれが一番でかい。ビル何階分なんだ。どうやって描くんだ。

おしゃれなので見てみて

写真撮れなかったのが本当に心残り


モントリオール名物?ベーグル

メチャ美味しかった……

めっちゃほしいなこれ

モントリオールに居住していたメディアアーティストのオススメ美術館です。去年ビエンナーレやってたときにPhi centerとArsenalは行ったな


MILE END

アートやデザインのみならず、服飾とかイラストレーションとかZINEとかもいろいろあった。モントリオールの都市圏人口は380万人ほどらしい。札幌圏で236万人らしいので1.5倍くらいか。文化度で言うと札幌の10倍くらいはありそう。なんなんだろう。

おしゃれでいいなー。St.Laurent(サンローラン)通りというのがモントリオールの文化的エリアの目抜き通りで、中心部からこの通り沿いにずーっとセレクトショップや飲食店などが並ぶ。MILE ENDはその通り沿いに2,3km、郊外のほうにきたエリア。学生くらいの人がいっぱい住んでるっぽかった。

名古屋でつくんな〜


モントリオールのクラブ事情

気になる方はご参照ください。

そんな感じで、とりあえず大箱に向かってみる。

欧米では基本的にバックパック背負ってるとあんまり得しません(常識のレベル)

一度宿に戻ってバックパックを置いて、チャラ箱に行く元気はなくなったので、今度は逆方向、サンローラン通りのほうのクラブへ。

上に書いたVJが入ってるイベント。

そんなにガチでやってる感じではなかった。ゆるめのテンション。チャラくないハコでVJが入ってるイベントとかハコとか多くないんだろうな。

クラブおもしろかったけど、1人だと手持ち無沙汰になる(日本でも同じ)ので別のハコへ。

DATCHAというクラブへ。

小さいっぽいけどかなり人気だった。疲れたのでバスに乗って宿に戻る。

治安大丈夫か?と思ったけど治安が大丈夫だからそうなるのかもしれない、日本しかり

海外に行くと必ず甘いものを買う、甘いものってお国柄出ません?

デザインが全部いいんだよなあ。そんなにデザイナーの人いるのかな。


モントリオール中央駅

寝て起きてケベックシティへ。

都市間列車の駅が意外と立派。

普通にチェーン店だったけどおしゃれ。

甘いもの好きすぎマンとしてはTim Hortonsは日本にもできてほしい

Schwalts' Deli、ぜひみなさんもくらってほしい、おれはもういい

一回行ってみたいなー


という感じで駆け足でメモってきましたが、こんなもんでしょうか。

ええ仕事やん!と思ったら投げ銭頂けたらうれしいでーす!!

次回はケベックシティ編!

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
なにを書くやら

マガジン「大人に怒られそうなことを書く」の買い切り版です。ほんとうは間違えて立てたやつですが、買い切り版として残します。内容はあんまり...

または、記事単体で購入する

#メディアリサーチカナダ 2019年3月 モントリオール編

さのかずや

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けるとさのが頑張って大人に怒られそうなことを書き続けられるようになります、あと北海道に帰れるタイミングが増えます

🙌
4

さのかずや

【買い切り】ほんとうに大人に怒られそうなことを書く

マガジン「大人に怒られそうなことを書く」の買い切り版です。ほんとうは間違えて立てたやつですが、買い切り版として残します。内容はあんまり違いがないかも。 https://note.mu/sanokazuya0306/m/m6ab1cc707d4f mixiのサブアカみたいな...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。