見出し画像

一緒に確かめ合う”セックスのほんとう”

今話題の一徹さんの『セックスのほんとう』をさっき読み終えました。

しっかり読み込んだとしてもだいたい1~2時間もあれば読み終えられるので、本を読むのが苦手という人も気軽に手に取れると思います。

この本のはじめの7ページで一徹さんの”女性も男性も温度差なく一緒にセックスを楽しんでほしい”という想いが伝わってきました。

どうしても男性にも読んでいただきたい一冊なので、そう思っていただけるような感想が書ければなと思っています。

第一章では男性向けAVは男性目線の妄想・ファンタジーであるという部分を再提示しています。

男性向けAVの世界観に快感を見出す女性もきっといます。
でも【手段や絶対に無理と思う行為】もあるのでそこだけは認識していただきたい!と思っていたことがズバリ書いてありました。

リアルにやったら嫌われる!ハードな演出作品を日常で取り入れるのは危険!挿入してすぐ激しく動くな!などなど。笑)

男性の世界では”ウザい”でも女性の世界では”嬉しい優しい”になることがあるくらい男女のセックスの価値観は違うというのもよく分かります。


第二章では女性が喜ぶセックスについてとても繊細に語ってくださっています。

準備・誘い方・直前・前戯・コンドームの付け方・挿入・セックスのあと…とまるで”新しいセックスの教科書”というくらい丁寧に。
『そんなに大切に考えてくれてるなんてありがとう』という気持ちになりました。

第一章で書かれていた男性がAVで観てきた”気持ちいだろう?これが好きで欲しいんだろ?”とのズレを埋めてくれています。

いつまでも終わらない手マンから解放されたいが為に演技をする人が多いというのもうなずけました。
気持ち良くなってほしいという相手の思いが分かるが故に無理しちゃうんですよね?

お互いにメンタルやカラダを傷つけないためにも読んでおくべき章だと思います。


第三章はこれからのセックスについてデータを元に書かれていました。

ビックリなデータでしたが自分もややそれに近いのでなるほどと納得した部分もありました。

セックスというコミュニケーションには様々な意味合いがあるかもしれませんが、たった一人では成立しない”面倒くさいこともあるけど相手がいるからこそ感じる心地よさ”を知る重要な行為なんだとも感じました。

セックスだって結局は日常の人間関係の構築と同じで面倒くさいからと自分本位に振舞えば人は離れてゆきます。
同意のないセックスはいじめや犯罪と変わりません。

だからといって後ろ向きになるのではなく、それでもセックスを諦めないでと強調していました。

性思考だけでなくどっちがどっちという先入観は取り払いお互いに気遣い素直に伝え話し合うことで日本全体のセックス離れや夫婦や恋人同士のセックスレスの緩和にも繋がるんじゃ?ともおっしゃってました。


最後の章ではAV女優の紗倉まなちゃんとの対談。

第一章で男性AVの現場の大変さを読んでいたので、彼女の一言一言に重みがあった気がします。
自分が関わった作品のせいで同じ女性が傷つけられてしまうことを”罪深い”と心を痛めることもあるそうです。

まなちゃんだけでなく、たくさんの女優さん男優さん、そして汗水・努力や最大限の配慮と愛が詰まった作品に関わっている現場の皆さんの為にもこの本を読んで知って改めることは重要なのです!

まなちゃんの提案していた”一緒に男性向けと女性向けのAVを観てシェアし合う”というのも面白いなって思いましたね。
個人的にP146目の二人のお話し内容も好き。


女性向けAVが女性の性欲を満たす全てではないかもしれませんが、喜ぶツボを抑えて表現されているので男性に女性向けAVを観ていただきたいというのは女性の本音だと思います。

男性が女性向けAVを観ることは
しみけんさんや森林さんも常日頃から発信してくださっている【お互いのカラダや性思考を理解し合った上でのセックスが大切】と同じくらい重要なコンテンツだと思うんです。

今までご紹介したしみけんさんのキスを制する者はセックスを制するのシリーズ動画や、森林さんとはあちゅうさんの良い性行為をするにはの動画も合わせてご覧いただきたいです。

貼っときますね⇩


エロメン・AV男優の一徹さんの著書『セックスのほんとう』

サクッと読めるけど分かりやすく具体的だし内容はずっしりで、200ページ以内に収める天才か!ってくらい面白い一冊なので是非是非読んでみてください。


最後に…

一徹さん、出版社の皆さん、素敵な本を届けてくださってありがとうございました。

ひとりでも多くの方に「セックスのほんとう」が伝わりますように。

”セックスを知ること”でセックスというものが後ろめたいネガティブなものから、嬉しい楽しい幸せというポジティブなものに変換できるようになった女からの切なる思いです。


毎日更新を心掛けて自分の経験をもとにセックスや性に関することなど様々書いています。
これまでの記事も合わせてご覧いただけたら嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

"スキ”ありがとうございます♥今から遊び行きますね!
24

さおり

はじめまして。 私の名前は ”さおり 38歳 ” 友人にも話せない。 そんな密かな欲望を抱いています。 心に潜ませている『性~eros~』を本当はちょっぴり開放したい… そんな皆さまとここを通じてシェアできたら嬉しいです。 最近は”性”以外の本音もシェアできたらなと思っています。

ありんこ撮影の写真を使ってくださったnote

ありんこが撮影した写真を、みんなのフォトギャラリーから引用してくださったクリエイターさんたちのnoteまとめ。 写真を使ってもらえて嬉しいです。 (随時追加してます。追加しそびれがあったらこっそり教えてください...)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。