教来石小織

NPO法人World Theater Project代表

大丈夫

小柄で華奢で、妖精みたいなサワサワした声で話すまほちゃんという女の子がいる。 まほちゃんは、やわらかくてあたたかい光の写真を撮る。 まほちゃんが一緒にカンボジア...

睡蓮

アンコールワットの西参道を修復している三輪悟さんの元をたずねたときのこと。 三輪さんが楽しそうに、「彼はとても器用でね、ちょっとした特技があるんです」と、スタッ...

アンコールワット

完成までに途方もない歳月がかかる壮大なもの、たとえばサグラダファミリアだったりピラミッドだったり、自分が生きている間に完成には決して立ち会えないと知りながら、そ...

赤ワイン

アキさんという女性は美しく聡明で、セクシーな上に母性にあふれている。 アキさんになついている子たちは多く、もちろん私もその一人だ。 アキさんが選ぶイタリアンはど...

夏まつり

子どものころの楽しみといえば、夏まつりだった。 クリスマスイブにサンタクロースが現れるのも楽しみだった。 大人は自らどこにでも楽しい何かを探しに行けるけれど、 ...

花びら

大学時代は「映画をつくる」という、とても贅沢な学問を享受していた。 なにせ20年も前のことだから、うろ覚えではあるのだけれど、大学1年生の最初の課題が、三人一組で...