さおりす先生

名古屋の国立大卒業後、大阪の片隅で根暗に働いている妙齢のメス。 https://www.instagram.com/saoriss2/ 純文学、哲学、美学、映画、ロック、酒、クラシック、芸術

告白する勿れは真か偽か

三島由紀夫の不道徳教育論を読む中で、一つ面白いコラムがあった。テーマは「告白するなかれ」。前の恋人が酷かっただの、家庭環境が不遇だのと、人は自分の境遇を告白しがちだが、(三島はこれを告白病と呼ぶ) ありのままの自分を愛して欲しいだなんてことはただの傲慢に過ぎない、とのこと。

また、話された方としては自分の人を見る目が無かったと自尊心を傷付けられ、誰も幸せにならないというのだ。誰しも人生が小説では

もっとみる

バッハマン三十歳について愚痴。終わり方が人の死で生を大切に思うという終わり方。自省を起点にしたならば自己超越で生きる希望を見つけて欲しかった。これではワイドショーで他国の窮状に対して自分は恵まれてると思ったからもっと頑張るとか言ってるチープなコメンテーターと一緒やないかい。

【メモ】三十歳 バッハマン作

久しぶりに新たなお気に入りの一冊に出会ったので、取り急ぎメモ。オーストリアの戦後女性詩人のインゲボルグ・バッハマンの三十歳から一部引用。若さの持つ情熱と傲慢さが歳を重ねる中で色褪せていき自省せざるを得ない主人公の心理描写とその比喩表現が的確過ぎて本当に読んでいて胸が痛くなるレベル…。以下引用



それまで彼は日々単純に生きていた。…自分にたくさんの可能性を見出し、例えば自分は何にでもなれると思

もっとみる

働く事と生きるという事

働く事を考える時、イトウは父の背中を思い出す。イトウの知る限りでは、父はほぼ毎日働いている。真面目という言葉を実写化したとしたらこうなるんだろうなぁ、と思うような人だ。だからこそイトウは、父が饒舌に自分の好きなものを話す姿が本当に好きだ。幼い頃に親しんだ多くの虫達、夏に行った海と小さな魚達、胸を震わせた戦車と世界大戦、激動の時代を共に駆け抜けたロックンロール…。

父はイトウとイトウの弟に自分がな

もっとみる

新幹線で夕飯になってしまった時のイトウオススメのコスパ最強三点セット。ビール、ドトールのミラノサンドA、お気に入りの一冊。 というわけでこれより帰阪します。