見出し画像

「自分警察」の権力が強い私へ

ストレングスファインダーの3位が「内省」です。

子供の頃からちょっと自罰的で、正しくあろう、自分を律しなければ、みたいな考えが強くて
今湧いてきている考えや感情は世間的に「正しい」と認められることか、矛盾がないか、みたいなことをずっと気にしてきました。

とくに昔は「正しい/間違い」「善/悪」軸の二項対立でものを見ていたので
ネガティブなベクトルの考えは全てNGを突き付けがちです。
怒鳴る・喧嘩はもってのほかだし、面白おかしく話しても誰かの悪口は心にこたえます。
(そもそも怒ることは仕組上必要のないことですが、たまに堪忍袋の緒が切れることや、自分に危険がおよぶ場合もあるのです…)

例えば「あいつムカつくー!きらいーー!」と感情的になって思うけど、積極的に悪口を言うのは「恥ずべきこと」だから
オブラートに、論理的に、さも正当な意見のように装って、批判を口にしてしまう時。
そこには嘘や虚飾が含まれているから、心の中で
「嘘つきー!だっせーな。偽善者ーー」みたいな罵声が飛び交っているんですね。

例えば挑戦することがこわいだけなのに、向いてないとかそもそもやりたいと思ってないしー
といった考えに自分ですり替えてしまっている時。
心の隅に追いやっていることをどこかで知っているから、
自分にがっかりする気持ちが、更に自信とやる気をすり減らしていきます

人間は自分にものすごく甘くて(本当は現実に戻った時、全然甘くないんだけど)
ナチュラルに嘘をついてくるので
自分への嘘も外に出した嘘も、正当化したり本当だと思い込めたり言い訳をくり返したり、できてしまう人はたくさんいます。
それもまたたったひとつのその人の人生なので、私がどうこう言う話ではありませんが
内省力・自罰力が高かったおかげ(?)で、
私は私の嘘を看破する力を磨き続けてこれました。
(それでもちょくちょく、自分への嘘を見つけてしまうんだけど!笑)

何のために言い訳をしているのか、何を守るために正当化したいのか、本当に自分の考えとしてその答えを出したのかを
自問自答して精査し続けることで、思考を発展させてきました。
反面、自分という自治区内での「罪」を取り締まるために自分警察の権力を強化する、ということは、
心を守ること自体を否定するベクトル・一点の曇りもないことを強要するベクトルも含んでいます。
(守ることがあったっていいんだし、曇りがないなら私は今頃悟りをひらいてる!)

そして、正しいかどうかを問い続けることは、自信のなさゆえ
自分の中の正しさよりも誰かから見た正しさを優先しようとする、
という側面を持っていますよね。

今、たくさんの人が自己肯定感を持てなくて
「正しい」側にまわることに必死でいるように感じます。

他人の「間違い」を見つけて、総叩きにして、間違ってるよね!と他の誰かと共有することで
自分はそっち側じゃない、曇りのない人なんだと思いたくてしかたがないような。
その誰かのことは自分のことじゃないのに、怒って、変えさせようとして、あいつは悪い奴だ!とイライラしているような。

自分警察に大きく権限移譲していた頃の私は
私の心の中でこれと同じ構図のことを一所懸命やっていた、とも言えるわけです。

私は私の内省力をとても大切にしているし、尊いと思ってるし、得意で素敵な力だと思ってるけど、
存在するか不確かな「他人の目線」が内省にまざってきた時は
ちょっと恐怖政治寄りの警察機構になってきているぞ!と
自分で気付けるようにしたいなぁと思うのです。

警察がいてくれるおかげで、私という自治区は安全に発展していくことができます。
その権力のバランスを調節できるのも私だから、
感謝しながら、でも私のために機能してね、とお願いして、上手にお付き合いしていこうと、思っています。(にっこり)

#note #コラム #自己肯定感 #内省

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださりありがとうございます☆サポートで美味しいコーヒーショップのミルクティを飲んで、またよい記事が書けるようにお勉強します!

ありがとうございます☆
9

さら

さらです。生きづらい人の日々が生き生き変化するアイディアをnoteを書いてます。ハモれるアレクサンダーテクニーク教師(仮免許運転中)でアカペラとミルクティとまるまるもちもちしたものが大好きです♪

自分でつくれる自己肯定感

自己肯定感が低くてもなくても、自分でつくっていけるアイディアをこつこつと
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。