口ずさんで、書きずさんで、鼻ずさむ。

『鼻歌』を、聞いたことがあるのは、
20年生きてきた中でも、おそらく数回である。

もっと言えば、
覚えている誰かの『鼻歌』なんてのは、
ついこの前の、友達の『鼻歌』、その一曲だ。

『鼻歌』っていう言葉を聞く頻度と、
『鼻歌』そのものを聞く頻度は、
比べ物にならないのではないか。

圧倒的な、単語としての『鼻歌』の勝利。

『鼻歌』。

鼻ずさむ、という行為。

「鼻歌を歌う人は、もはや、都市伝説」

まぁ、一定数いるとは思うが、
そんな気さえする。

無自覚に歌う『鼻歌』があるのなら、
他人に認識されない『鼻歌』も、
あるはずで、
もはや、それは、空気なのではないか。

音のする空気。

鼻からでる空気であるなら、
『鼻歌』は、呼吸か。

さて、人には、口癖というものがある。

私なら、多分、「まぁねぇ…。」

さらには、独り言というものもある。
作業しながらブチブチ言ってる、
例のあの人のソレとか。

口ずさんで、人は、生きていく。

さらには、
日々、誰に頼まれたわけでもないが、
日記をつけたり、エッセイ書いたり、
詩や句をよむ人もいる。

私は、それらを、書きずさんでいる、
と言うことにする。

調べたら、
「口ずさむ」は、「口遊む」と書くようだ。

「遊み」…

イケてる気がするのは、私だけだろうか。

杜撰とは違うみたいで安心したことと、
「遊む。」で、ずさむと読むかっこよさ。

「口遊む」だけでは、もったないではないか。

「書き遊む」も、よいではないか。

知らず知らずのうちに、
言ってる言葉があるなら、
書き癖のごとく、度々、登場する、
シーンや、フレーズ、ワードの類。

それらをまとめて、「書き遊み」。

再来年の上半期流行語は、

「遊みが深い。」(ずさみがふかい)
「マジ遊み」(まじずさみ)

このふたつで、ほぼ確定だろう。

酔った友達が、鼻ずさむB’z。

私が、書ずさむ「まぁいいかぁ。」

その他もろもろの、「遊み」が、
誰かの「口遊み」に繋がればステキな気がする。

その口遊みも、少しだけいい方向に向かうような、「ずさみ」なら、なお良い。

思想が渦巻くこのご時世、
アクションを起こす前準備は、その、思想だ。

「思想の根幹は、口にする言葉が決める。」
少なくとも、私は、そう思っている。

とは言ったものの、正直なところ、
私のエッセイは、
酔った友達の、『鼻歌』と、大して変わらない気がする。

一瞬生まれて、誰に届いたかも不明で、宙に散っていく空気の様なものなのではないか。

けれども、たまたま道端に落ちていた、
「友達の鼻歌」を拾い上げる私がいる。

それと同様に、
どんな書き物でも、誰かどうか、
読んでくれるみたいだ。

書きずさみの産物を、誰かどうか、
自分ごとの様に、また、別の方向に、
なにか感じ取っているかもわからない。

書き遊みは、誰かの一歩になるかも知れない。

言われてみれば、
みえないだけで、そこに、存在しているのだ、
空気ですら。

私は、「遊み」の深い世の中になったら、
いいなあと、思う。

口ずさんで、鼻ずさんで、書きずさんで。

今日も、誰かが、
どっかで、どうにか、『鼻歌』を歌っている。

そのことすら、
私は、なにか、特別なことの様に思うのだ。

あれだな、書き遊みのテーマは、

【「明日、何ずさんで生きてく?」】
〜ミュージック&ヒィロソフィー〜

ポスターは、
宮崎あおいさんで、よろしくおねがいしたい。

#エッセイ






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆さんにいただくお金は、【参考資料代】もしくは、いつも『テーマ』を決めてくれる彼女への【感謝のランチ代】にします。見に来てくださり、ありがとうございます。何かの縁となれば…なんて。

スキをやり返しに行きますね!
22

久保田真司

ぼくの、へ理屈・妄想。

こういう見方もあるのでは?あの手この手で、へ理屈を。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

戯れせんとや生まれけん♪ですね。
(あ、梁塵秘抄ですが、
遊びをせんとや生まれけん、戯れせんとや生まれけん、遊ぶ子どもの声聞けば、我が身さえここそゆるがゆれ
というのがあり、好きなので、思い出しました。)遊みが深い文章には、心のグルーブを揺り動かされますね。だからnote楽しいのね、枕草子みたいなエッセイめちゃあるから、たまらん。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。