PRESS START 2015 FINALE!

2015年8月8日(土)、東京芸術劇場コンサートホールにて開催されたPRESS START -Symphony of Games- 2015、夜公演に行ってきた。

2006年から10年続くゲームミュージックのオーケストラコンサート。
10周年の今回が最後。

“PRESS START -Symphony of Games-”は、竹本泰蔵氏(指揮者)、桜井政博氏(ゲームデザイナー)、植松伸夫氏(作曲家)、酒井省吾氏(作曲家)、野島一成氏(シナリオライター)の5人が企画する、ゲーム音楽のオーケストラコンサートです。
― PRESS START パンフレットより


第1部

1. ファイナルファンタジーVIIIより『Liberi Fatali』
作詞 : 野島一成 / ラテン語訳 : 山下太郎 作曲 : 植松伸夫 / 編曲 : 浜口史郎

参考動画)正面のスクリーンにFFVIIIのタイトルがうかぶ。神奈川フィルハーモニー管弦楽団の皆さんに加え、コーラスのビッグ・ユーの方々のド迫力の演奏でスタート。コーラスがまんまで感動。

演奏が終わり、司会の鷲野さんと、企画者の植松伸夫さん、酒井省吾さん、桜井政博さん、野島一成さん、竹本泰蔵さんが並ぶ。

続いては、ゲームで使われたクラシックメドレー。
桜井さん曰く通称、パロディウス無双と言います。

2. ゲームで使われたクラシックメドレー2015Ver.
編曲 : 酒井省吾

参考動画)スクリーンに曲名が表示され、その下にゲームタイトルのモザイクが徐々にはがされて浮かび上がるというちょっとしたクイズ形式(改め、パロディウス無双なるほどタイム)。

ただの編曲ではなく、ドラムの四つ打ちに乗せてノリッノリのメドレー。終わりをまたずに拍手が沸き起こった。

続いては、世界のマリオ、そしてゼルダ。続けてワンダと巨像。ゲストの近藤浩治さんの登場。マリオ30周年、ゼルダももうすぐ30周年ということで、こっちも色んなゲーム音楽のイベントを考え中!とのこと。

3. スーパーマリオブラザーズより
『地上BGM』『水中BGM』『地下BGM』『ゲームオーバー』
作曲 : 近藤浩治 / 編曲 : 山下康介

言わずと知れた曲たちなので割愛。“世界で最も有名なゲーム音楽であり、PRESS STARTのスタンダードナンバー(プレススタート公式HPより)”。

4. ゼルダの伝説より『メインテーマ』
作曲 : 近藤浩治 / 編曲 : 山下康介

参考動画)メインテーマかぁと思っていたら、謎解き音も織り交ぜられた荘厳なメドレー。ゼルダ25周年記念オーケストラと似た編曲の模様。

5. ワンダと巨像より
『異形の者達〜巨像との戦い〜』『甦る力〜巨像との戦い〜』
作曲 : 大谷幸 / 編曲 : 外山和彦

参考動画)巨像にただただ圧倒されるシーンから続けて、悪戦苦闘しながら巨像の額にたどり着いて…、高い!落ちる!反撃!あと…、一撃!な流れが最高でした。手に汗握ったよね、このゲーム。

続いては、エースコンバットから「ZERO」。
ゲストの小林啓樹さんが登場。スマッシュブラザーズforのメインテーマを手がけた方で、「途中でいなくなっちゃったんですよ」と桜井さん。小林さんは2014年に独立していて、いろいろ大変なこともあった模様な昔話。「ZERO」の当時の思い出としてはオーダーが「広大な世界観、そしてフラメンコ(!?)」の2つだったそうで、わけがわからず悩んだそうな。

6. エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォーより『ZERO』
作詞 : BNEI [河野一聡] / 作曲 : BNEI [小林啓樹]
編曲 : 外山和彦、倖山リオ / ソプラノ : 高橋織子

参考動画)PRESS STARTまでその存在を知らなかったが、広大な世界観、そしてフラメンコギターが超かっこいい名曲。後半のコーラス・ソプラノに鳥肌。

演奏終わって、ゲストの下村陽子さん…はドイツのゲーム音楽のイベントで不在とのことで、ビデオメッセージ。最後のプレススタート、行けなくて本当に残念だけど…演奏よろしくお願いします、と。

7. 聖剣伝説 Legend of Manaより
『Legend of Mana ~Title Theme~』『ホームタウン ドミナ』
『滅びし煌めきの都市』『彩りの大地』
『Song of MANA~Opening Theme~』
作詞・作曲 : 下村陽子 / 訳詞 : Carina
編曲 : 亀岡夏海 / ボーカル : ルイース・ビュールンド

参考動画)しっとりしたピアノの演奏から。既プレイの知人曰く「この曲がオケできけるなんて!」という選曲だそう。Song of MANA OPだけは予習していたけれど、スウェーデン人のルイースさんの歌声には感動。生音!


第2部

8. 俺の屍を越えてゆけ より『花』
作詞・作曲・ボーカル・ピアノ : 樹原涼子 / 編曲 : 外山和彦

参考動画)ステージ中央にピアノが据えられ、樹原涼子さん、作詞・作曲・ピアノ…そしてその歌唱力…圧倒されました。知らない曲だったけれどすぐに持って行かれました。ああ、スターだなぁ…!と。スクリーンに歌詞が表示される演出も。

9. リズム天国より『忍者』
作曲 : 米政美 / 編曲 : 外山和彦

雰囲気変わって、企画者の方々が忍者走りで登場!まずはこちら、とリズ天の映像が。皆さんご存知、白忍者が放った矢を、黒忍者(プレイヤー)が同じリズムでたたっ斬るというゲームです。

参考動画)BGMはかなフィル、白忍者は企画者の叩くパーカッション、黒忍者はなんと私達の手拍子!なんでも昼の部はハプニングがあったようで、鷲野さんが「植松さん、大丈夫ですか…?」

ゲストの甲田さんが登場。
甲田さんといえば、モンスターハンター(桜井さん「口ずさみたいのですがやめておきます」)…モンハンならわかるけど、「エルシャダイで大丈夫なの?(甲田さん)」「大丈夫だ、問題ない。(桜井さん)」
「1番良い演奏を頼む。」!

作曲のコンセプトをきかれて、最初は「不思議な世界観に助けられて」、と言っていたのが「本当にヘンで、曲も…」、と、きけばきくほど墓穴をほって大丈夫か?状態に。
でも本当に、例えば4拍子と3拍子が混ざっていたりする(参考動画)、と、司会の鷲野さんにマイクを持ってもらって実演。こういう情報、演奏が違った視点で楽しめて嬉しい。

10. エルシャダイより
『エルシャダイ』『悠遠なる天地〜イーノックのテーマ』『悲壮なる叫び』
作曲 : 甲田雅人、長谷川憲人 / 編曲 : 山下康介

かなフィルの方、コーラスの方々が実際に手拍子してびっくり。意外と好きなのでちょっぴり楽しみだったこのゲーム。コーラスの神々しさよ。ど真ん中席だったこともあり、音響もちょうどよくって。

演奏途中に指パッチンがなってルシフェル登場。指揮の竹本さん、笑ってたでしょ! 零れ落ちる音は戻っては来ない、楽しもう。笑っちゃったけど、ぐっときました。

11. ゼノブレイドより
『メインテーマ』『ガウル平原』『機の律動』『伝説の勇者リキ』
『燐光の地ザトール 夜』『名を冠する者たち』『敵との対峙』
作曲 : 下村陽子、ACE+、清田愛未 / 編曲 : 山下康介
コーラス : CHiCO(ACE)、清田愛未 / ギター : 工藤ともり(ACE)

参考動画)パンフレットを見て開演前からドキドキしてしまったのがここからの曲目。「メインテーマ」のピアノの旋律、走り抜ける映像浮かぶ「ガウル平原」、ギターが入っての「機の律動」、じっと座っていられないでしょ!途中に「リキのテーマ」が何小節かはさまるという粋(?)な演出。

「燐光の地ザトール」は、真っ赤な衣装のCHiCOさんと清田愛未さんのコーラスが心地よく…「名を冠する者たち」にて返り咲くともりさんのギター、絶頂!ってところで「敵との対峙」。色んなセリフが駆け巡って感極まって、泣きそうになりました。エンディングまで、泣かない…!

12. MOTHERより『POLLYANNA ( I BELEVE IN YOU )』
『BEIN'S FRIENDS』『EIGHT MELODIES』
作曲 : Linda Hennrick / 作曲 : 鈴木慶一、田中宏和
編曲 : 酒井省吾 / ボーカル : メロディ・チューバック

参考動画)MOTHERのアルバムを歌えるくらい聴いていた私にとって、これほど嬉しい選曲(そして編曲)はありませんでした。しかも、MOTHER3の酒井さん編曲。ゲームは、ゲームをやっていたその時の自分の亡霊と共にあるなと感じました。

そして、ボーカルのメロディさんの声質、綺麗なんだけれど可愛らしさが混ざっていて、どうしてこんな人を選び出せたの!?と思ってしまいました。天使みたいだ。

13. クロノ・トリガー / クロノ・クロスより
『エピローグ〜親しき仲間へ〜』『クロノ・トリガー』『カエルのテーマ』『魔王決戦』『RADICAL DREAMERS〜盗めない宝石〜』
『遙かなる時の彼方へ』『CHRONO CROSS〜時の傷跡〜』
作曲 : 光田康典 / 編曲 : 奥慶一

参考動画)今回、未プレイだったことが最も悔やまれた作品。美しいメロディと、終わりの時間が近づいてくる事実に、しばし、ぼうっと聴き入っていました。


アンコール. さよならメドレー(またの名を〜許諾地獄〜)
編曲 : 酒井省吾

ICO
ポポロクロイス物語
イース I&II
キングダムハーツ
スペースインベーダー
大乱闘スマッシュブラザーズX
サクラ大戦
ワイルドアームズ2
スペランカー
ファイナルファンタジーIX
ペルソナ4
大神
ファイナルファンタジーX
星のカービィ
NewスーパーマリオブラザーズWii
朧村正
ファミコン・ディスクシステム(起動音)
428
ポケットモンスター赤緑
Nier replicant / gestalt
ゼノギアス
新光神話パルテナの鏡
ファイナルファンタジーXI
イーハトーヴォ物語
討鬼伝
ファイナルファンタジーXIII
大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU 3DS

10年間の演奏曲を、メドレーにしてしまった。
タイトルを眺めるだけで、このPRESS STARTという企画の偉大さと、もう何と言ってよいか、奇跡が感じられます。

2006年、2007年、と数字がカウントアップしていきます。そしてそれは、このコンサートのカウントダウンも意味しています、と桜井さん。演奏が始まり、目の前でその音が鳴っていることに、企画者のみなさんも会場のみなさんも今ここで同じ音楽を聴いていることに、そして先程も書きましたが、その当時の思い出と共にある自分の存在を感じながら聴いていました。

ファミ通で桜井さんが岩田社長のことに触れていたこともあり、心のすみっこで岩田さんのことを考えていました。こんな素晴らしい演奏、届かないはずがないよね。

素晴らしいゲームを、そして今日のこの感動を。
いくらありがとうと言っても足りません。

『さよならメドレー』、さよなら、と言うけれど、このコンサートの名前、『PRESS START』なんですよね。
びっくりするようなゲーム音楽のイベントを、若い世代が作っていくのを楽しみにしている!と企画者の方々からメッセージ。

ええ、私はこれからも、ゲーム音楽を、ゲームを愛していきます…!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

みてかく

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。