無題

海外では、国ごとに日本人が密集して住むエリアがある。

マレーシアでは、モントキアラ。ベトナムでは日本人学校がある7区だろうか。

マレーシアでは、日本人もその他の国の人もまばらでローカルの人が大半のエリアに住んでいた。

ホーカーでラッサムアクサを食べ、カフェでコピオコソンを飲む。

街と人に溶け込み生活をしていることに心地よさを感じつつも、喧騒の街でふとものすごく不思議に感じることがあった。

この気持ちは本当に「不思議」という言葉以外の表し方が見つかっていなくて、どうやったら伝わるのかわからない。

なんのつながりもないこの街で、普通に生活している自分が、ふと不思議に思える瞬間があるのだ。

ベトナムではいうとそんな気分になったことはまだない。

まだまだ観光客気分が抜けない。住んでいる場所は観光客がよく遊びにくるエリアだから、なんだか感化されているところもある。

ベトナム人はよく道端でフォーをたべ、お茶をしているんだけど、そんなローカルなお店にもまだまだ挑戦できていない。

道端の店は決まってイスがものすごく低い。座ると道行く人のひざがちょうど目の前の高さ。

道端で楽しむローカルの人たちと目線をあわせることができたら、マレーシアで感じたような「不思議」を感じられるのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで頂きありがとうございます。もし感じたことや新しい発見があれば、ぜひコメントかシェアして頂けるととても嬉しいです。

ありがとうございます。ステキな1日を!

#エッセイ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。