見出し画像

noteのコメント欄には返信しません

はい。

noteってコメント欄あるんですよね。
取り敢えず解放しておくわけですが、

まぁこんな過疎noteにコメント自体つかないと思うんですけど。

一応万が一何かのコメントがきても……。

失礼に当たると悪いので言っておきます。


基本コメントは返信しないし、
あんまり見ないです。


メインブログもコメント欄ないじゃないですか。

あれの理由としてはですね。
私、基本的に自分の人生に赤の他人の意見は必要ないと思って生きているんですよね。生意気に思われるかもしれませんが、こうなんです^^;


私が好きな人とか。そこそこ交流のある人とか。は、まぁ別ですけど。そうじゃなくて、ネットやってたら知らない人から何かを言われることもあるんですが、そういう意見は余程何かこう、私の知性や感性にくるものがなければ、取り合うことはしません(Twitterだとある程度の社交辞令はしてたけどnoteではそれもしません)。


もうひとつは、
私がコメント欄を使ってブログを盛り上げていくタイプじゃない、ってことです。それが上手い人もいる。

でも私はそういうタイプじゃない。


苦手なことは、敢えてやらない。

自分が得意な土俵だけで戦いたい。


無論、荒らしや悪意を持ったコメント(悲しいかな私の場合この多くが恐らくは常識や正論)は最初から相手にしないわけですが……そういうのは一部で、大抵は親身になってくれたり、共感してくれたり、と基本良い人っぽい人がコメントしてくれることが多いと思うんですよ。忠告系は微妙なラインかな笑


でもね。

自分の性格からして相手に気を遣い過ぎてしまう。
意見とか求められたら3時間とか下手したら1日考え込んでしまう。

でもそこにそんな時間使うなら他(記事の執筆など)に使った方が、申し訳ないけど有意義だと思うんだ。


だから、ここは敢えてドライに行った方がいいな、と。
自分で思ってるわけです。


Twitterとかでも私がややドライめの対応をしているのは、そのためです。読者と関わりすぎてそれが重荷になって潰れちゃったブロガーを私、何人か知ってて、それみて「うわ、もったいないなぁ」って思ってた。


他人の意見や感情を汲んで対応するのって、すごく気力が消耗する。


だから私は彼、彼女らと同じ轍は踏まない。



なので基本返信はしないですが、傷つかないでくださいね^-^;


6

くろやぎ

くろやぎです!1000万でセミリタイアしました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。