【恋愛短編小説集】誰もが自由に恋する時代、他2作品

*こちらの内容はショートショートガーデンに投稿した3作品をまとめ、あとがきを加筆したものです。作品は最後まで無料でお読みいただけます。

僕の好きな人。

「はぁ、今日も君は美しくてたまらない。」

僕は君のすべてが好きだ。
その髪も目も耳も鼻も口も。

周りの人からは気持ち悪いと言われたりするが、気にする必要は全くない。
なぜならば、それほど僕の愛が強いからだ。

生まれてからずっと一緒にいて、僕はすっかり君の虜。
1分1秒たりとも君と離れやしない。

「はぁ、今日も君は美しくてたまらない。」

今日も彼は鏡に映る自分を見て、恍惚とした表情を浮かべていた。


(了)


断ち切って繋がりたい、あなたとの縁

「5月12日、今日はあなたの24回目のお誕生日だね。」

毎年一緒に誕生日を祝っていたけど、あなたはもういない。

あなたが家を出ていってしまった時は、この世の終わりのような気がしちゃったよ。

今ね、あなたのSNSを見てるの。

去年までは一緒にケーキを持ちながら撮ったあなたとの写真、今年は見知らぬ女と幸せそうにケーキを持っている写真に変わっちゃったね。

切っても切れない関係なのは分かっているけど、やっぱりあなたを独占したいって思っちゃうなんてわがままだよね、私。

報われない恋とか叶わない恋とか、世間では儚く美しいことのように扱うけど、私にとってはただの残酷な物語にしか思えないよ。


ー 大好きだよ、お兄ちゃん。


(了)


誰もが自由に恋する時代

ー 誰かのことを好きになる、それが「恋」

はるか昔、恋には色々と制限があったらしい。
同性同士はダメ、人間同士じゃないとダメ、なんて。

今ではとてもじゃないけど考えられない。
この時代は、誰が誰を好きになろうと自由だ。

ちょっと前に幼馴染の葵は愛犬のジャックと結婚した。
結婚式での葵は幸せそうで、見ているこっちも幸せにしてくれた。
恋っていいよね〜。

こうやって誰もが自由に恋ができるようになるまで、様々な困難や批判があったと教科書には載っていた。
誰が誰を好きになろうとその人の自由なのに”常識的に”という意味のわからない言葉で反対してくる人が大勢いたらしい、変なの。

私はこの時代に生まれてよかったなと心から思う。
実は私も、もうすぐ結婚するの!

あ、ごめん彼が呼んでるからそろそろ行くね!


「おまたせ!行こっか、葵!」


(了)


最後まで読んでいただきありがとうございます。作品は以上となります。
ここから先は投げ銭をしていただけるとあとがきを読むことができます。

Twitter( @satohika_bass )ではリアルタイムでサトセヒカルの考えていることを投稿してます!

この続きをみるには

この続き:508文字

【恋愛短編小説集】誰もが自由に恋する時代、他2作品

サトセヒかル🎨エッセイ漫画家

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

数ある中から見つけていただきありがとうございます...! いただいたサポートは今後の活動資金や書籍購入費用にあてさせていただきます。(ちょっとリッチなアイス買うのに使ってしまったらすみません🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️)

スキ…ありがとうございます!(喜びを隠せない)
5

小説【まとめ】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。