さとう

日々思ったこと、感じたこと、気づいたことを自分の内に秘めておくんじゃなくて、文字にして外に表現しようと思い始めてみました。読んでくださった方が一つでも、どんなに小さいものでも、何かが変化したと思っていただいたのならそれほど嬉しいことはありません。よろしくお願いします!

自己紹介がわからない

「自己紹介」

昔からこれが苦手である。

好きなものを言えばいいのか

趣味を言えばいいのか

出身地を言えばいいのか

いまだによくわかっていない。

そんな自己紹介はつまんないよ!

もっと個性を出そう!って言われるかもしれないから

僕の人生は一言で言うなら波乱万丈であったとかでも最初につけてみようか

海外に留学をしていたとか

英語が好きだとか

そもそも相手は聞きたがっているのだろう

もっとみる

0の衝動

なにもかもを0にしたいと突然思うようになる

ラインの友達もメールも、悩みも生活も

それは自己を終わりにするということではなく
いま関わるものを無くす感覚というか

部屋の整理をしていたら急になにもかもがめんどくさくなって、プリントも本もぐちゃぐちゃにしたくなるような

そんな感じ

なにか辛いとか悲しいとか
そういうんじゃないんだけど

化学の実験のように
これ0にしたらどうなんだろうっていう

もっとみる

テンプレートまみれ

バスに乗っていて本を読んでいたときに、学生4人ほどの話し声が聞こえてきた。

話の内容は就活の面接のことだろう。そこでどんなことを話したかについてのことであった。

「私はいろんな人に〇〇と言われていて…そこから私は〇〇だと感じ、〇〇な人間だと気付きましたって言ったのね。 私そんなんじゃないのに」

周りの人も同調するかのように笑い、お互いがそんな風に頑張っているよねと励ましあっていた。

僕は違

もっとみる

クリムト展はもう行った?

今日の午前、上野の東京都美術館で行われているクリムト展を見に行った。

まえまえから見たいとは思っていたのだが、なぜか踏ん切りがつかなかったのだが、6月1日(土)~6月14日(金)の期間中、大学生・専門学校生・高校生以下無料という優しい配慮に乗させていただくことにした。

今回一番見たいと思った絵は、「女の三世代」という絵である。

どんな絵なのかと表現しようとしたのだが、拙い語彙力では非常に難し

もっとみる

受動的な旅

旅をしようと思ったわたしがちょっぴり恥ずかしさを覚えるのは、旅先で出会ったものに心が感化されるのではないかという期待と、ひょっとしたら目を奪われるものに出会えるといった所望が受動的な行為であることに気づいたからなのかもしれない。旅というものは能動的でないといけないのではないだろうか?沢木耕太郎の深夜特急が受動的な物語であったのなら、あそこまでバックパッカーのバイブル化はしてないはずだ。自分から動き

もっとみる

死を感じながら生きる

先日、大学の講義で安楽死を選択した方の映像を見た。

日本では安楽死は認められておらず、その方はスイスの方まで姉妹の方と行き、今後病気が治ることがない確認ともう為すべき治療がないこと、この先意識がなくなり本人にとって苦しみになることを確認したのちに、安楽死という選択をとった。

その映像の中で強く頭の中に響いている言葉がある

「死はいつ訪れても今じゃないと思う」

若いうちに死が訪れても、年をと

もっとみる