2019年2月4日のジャンプ10号感想

先週からキーボードのレスポンスが悪くてイライラしてたらただの電池切れでした、よかった。
月初はSQ.も同時に出るので書くペース的に当日アップは難しいかもなどと思ったりもしてますが今週もとりあえず書いていきます。
*その週毎に、特に面白く感じた作品を太字にすることにしました。

【アクタージュ act-age】
>この作品には多分そうはならないんでしょう、という不思議な信頼感があ>ります。結構引き込まれてます。
不思議な期待感通り阿良也再起不能とはならず。
過去編の団員の自立とアリサさんへの贖罪が巌先生のゴールだったんですね、巌先生が残した意思はアリサさんに届く日が来るのでしょうか。
あるいは阿良也に自分を重ねてみていたアリサさんが来週ぐらいハッとなってくれたらもっとこの作品のこと好きになりそうです、登場人物が頭の回転が速い描写好きなので。

【ONE PIECE ワンピース】
サンジがジェルマの武器を使うことに対しての描写がよかったです、くだらない葛藤やプライドより、目指す成果のために嫌いなものでも利用できる、素晴らしいですね。
サンジはスケスケの実の能力者を殺してランダム発生させても良かったわけですがしないところにワンピースらしさを当時感じ、今回も思い出しました。
ロビンの辺りは何しているかいまいち思い出せず。
そして最後ビッグマムとの邂逅、確か滝登り中にカイドウに船ごと叩き落されたのが前の登場だったはず。細かい謀略事よりこれぐらいわかりやすいワンピースが好きです。

【Dr.STONE】
新キャラ(名前のみ先行)と食糧問題を一話で終わらせてしまう密度、単行本で読んだら一冊ですごく進むんだろうなぁ。
食に関する話題だとついつい詳細を調べてしまうんですが、シュトーレンが長期保存食材というのは一般教養に近いものなのですね。
参考:https://4-seasons.info/archives/1708.html
食べたことあるシュトーレンは確か乾パンよりは柔らかかったのですが、それで2~3か月は問題なく保つのでしょうが、10か月となるとどうなんでしょう、梅雨とか越えられなそう。
どうでもいいことですが、新キャラの性別は作中で判明しない、と予想しておきます。フランソワは男性名のようですが、フランソワーズを略して読んでるだけかもしれないですしね。

【ブラッククローバー】
>やっぱり読めない。。なぜだ。
何故だけでは進歩がないので、気づいた理由を書いていくことにします。
今週気づいたこととしては、キャラの見分けを私がつけられていないということがあげられました。
*田畠先生への批判では無く私の能力特性の問題だと思います。
序盤って確かクエスト毎に参加メンバーが変わっていたと思うのですが、私の拙い顔の認識能力ではこれについていけなかったことが理由の一つになると解釈しました。
こんな理由が明文化されていくうちにこの作品を楽しむ方法を見つけられればいいなと思います。

【僕のヒーローアカデミア】
OfA(ワンフォーオール)の今日上限解放に応じて新規能力も使いこなせるようになっていく、レベルが上がるほど万能化する勇者特性っぽさを感じました。
決着がついてしまいましたが、今週改めて感じたこととしては物真君て中々すごい奴ですね。
コピー特技を切り替えたり残したりでこの乱戦にかなり寄与していましたし、体育祭でも爆豪に一矢報いてましたし(なんか表現が違うかも)。
コピー能力者といえば、ソーマで言えば現行ボスの朝陽ですし、H×Hで言えばクロロ・ルシルフル、弱いはずがない。早くH×H連載再開してください。

【問題の多い料理店】麻生周一先生
勇者学、斉木楠雄のψ難でお馴染み麻生先生の読み切り、しかもSQ.との同時掲載でそれが同世界軸での作品とスペック盛り過ぎ読み込み。
タイトルは注文の多い料理店の捩りでしょうが特に内容はそれっぽくないですね。麻生先生の作品は昔から好きで普通に面白く読めました、よい意味でいつも通り、おけまる。
裏番組(?)の美食家陸谷鉄斎の葛藤は別途感想を書きたいですが、うまくつながっててこちらも読んでほしいと思いました。

【呪術廻戦】
管理者側にもアラートが上がり、一部では紅白戦が終了ムードになってきました。こういう時描写されていない人たちはまだ戦い続けてそうですがどうやって気づくのだろうとか思いますがそこにも触れられていて安心設計の漫画だ。
本編の呪霊側の目的は五条の封印(?)だったと記憶していましたが、五条さん仲間外れ結界であれれ?といった感じ。バイネームで結界から弾かれる五条さん半端ないっす。
音はわからないけど意味は理解できるのはいい感じで不気味、しかも思想が仙水ww

【約束のネバーランド】
>ノーマンが戦争ルートを提示してきたけど、エマはじゃあそうしよう、
>とは言わなそう。
エマはもやっとしつつも戦争ルート賛成ムードに押し切られた形に。
ノーマンは何も悪いことしていないのに、嫌な奴化した不安が煽られるような描写をひしひしと感じます。特別扱いされているのは同郷のみで、他の子らが糞みたいな住居で生活していて食糧が生ゴミとかではないように祈っています。

【鬼滅の刃】
>描写的には死んでしまわれたのだと思いますし、容赦なく人を殺してしま>う作品だと思うので胡蝶さんはここでリタイアの模様。
明文化されました、悲しい。
新当主のオペレーション能力の高さが示された今回でした、ワートリで描かれてるリアルタイムオペレーションの負荷ってかなりリアルだと思っていてその数倍規模、すげえぜ。
善逸の育手の爺様は故人だったのでしたっけ。。介錯なしの切腹は辛いとよく描写されますが、創作ではないのかと思い調べたら史実に近い記録もありました、怖かったのでリンクは貼りません。
あと善逸ってこんな強キャラでしたっけ?寝てないと力が発揮できないかつ技が一つしかない落ちこぼれ的な扱いだった気が。。柱の鍛錬で強くなったのかな。

【チェンソーマン】
前週までの展開の速さで言うと今回乳を救出してもいいぐらいかと思いましたが、そこには至らず。
まだ序盤なのでこの辺りはサクサク進んでほしいです、乳との確執を同省化するかが今後の作品に対する期待そのものだと思っていますがそれは来週ですかね。

【獄丁ヒグマ】
>いまいち話が盛り上がった感じがしない。
>突き抜けてしまうのではないのだろうか。
先週と全く同じ感想を書きそうになってしまいました。
個人的には盛大なテコ入れられタイミングなのではと思っているのですがどうなっていくんでしょう、今のところそこまで感想がないです。

【ジモトがジャパン】
冒頭の佐世保バーガーが美味そうでしたが出荷数1は学食としてだめwww

そんな競ってまで食べてぇ?

ってなりますよね。
段々各キャラが安定してきて、面白さも一定水準になった気がします。終わらないでほしいです。
ジモーラを蓄える過程でオチが読めましたが、想像通りでも面白いくらいにはこの作品が好きです、心配なのでアンケ1位で出してます。

【ぼくたちは勉強ができない】
なるほど、進路が変わったのですね。
教育係を務める理由がなくなったことにより、成幸ロスが描かれてましたが、最後の描写通り
・アウトプットによる個人の成績向上
・わからないことに寄り添う経験獲得
的な観点で教育係をやめる必要性はあまりないんですよね、多分。
自筆の成幸でトリップしているのはコスパいいなと思いました。

【neO;lation】
新編の導入で全編の悪役をスパッと殺してみせるのは作劇としてまぁまぁ好きです、これも電人HAL絡みであったな。。パクリとかでは全くないけど。
あとAIの説明に関して多少無理やり感のある正しい説明がなされました、最初からこれを考えてやってるならちゃんと教育側面でいい作品のように思います。新敵には今のところそんなに思うところがありません。

【ゴールドキッド~金童と呼ばれた小学生~】
こういう無茶苦茶な設定を押し切ってくる作品好きなんですが、連載できるのか勝手に不安になります。
小学生がうんこ漏らしたら2年間以上絶対いじられ続けると思います。
教師もクズ過ぎてよかった。
去年受賞とのことでしたが、何の作品を書いていた人だろう?

【火ノ丸相撲】
こう来たか~、外的要因で刃皇をデバフして負け星をつけさせる、ちゃんと納得感がありました。そして加納が全勝で一番優勝に近い存在に、なんだかんだどこかで負けると思ってますが(失礼)、刃皇優勝するっしょ感が個人的に強かった前週までとかなり空気感が変わった気がします。
大相撲って去年色々問題がありましたが川田先生はそれを逆手に取ってるというか素行の悪い横綱とか書けちゃう辺りその上手を言ってる感じがします。
冴さんの優勝後押しという鬼丸の目的との繋がりもここで見えてきて一気に腹落ちが行われた今回でした。
ここまで書いて冴さん来週負けてたら気持ちの持ちようがわかりません。

【ハイキュー!!】
引き続き引き続き木兎さん無双。
ずっと木兎さん無双をされている気がしますが、それでも面白い。
赤葦のスペシャルな部分は北さんと同じ練習通りが高水準で出せることなのですね、木兎さんの他者引き上げの恩恵を存分に授かれる能力というか。
木兎さんが100%を出し切れる赤葦を認めた上で、120%を要求してくるところに痺れたせいか今週も満足間がありました。
流石にここまでやったら梟谷勝つよね?

【ゆらぎ荘の幽奈さん】
特に前週の引き以上のことは語られずに別行動になってしまいました。
中盤出てきたキャラが誰一人わかりませんでしたが、それでも問題がない懐の広い作品です。
成人版ヒロインが描きたいなら夢オチで描けばいいと言わんばかりに未来編に突入しました、修学旅行でも十分勢いあったと思うのにすごいですね。

【食戟のソーマ】
アルディーニ兄弟はコンビ芸人として一線級になってました。
そして主人公もちゃっかり出てきてタクミがこの試合に勝利して、
次の朝陽の餌食となる未来が見えた気がします。
ラスゴマのイサミかっこいいな、実力的にも秘書子と張るぐらい強くなっているとは、もっと報われてほしい。

【思春期ルネサンス!ダビデ君】
縁日編、僕も幼少のころに型抜きで財布の中身をすべて吹っ飛ばしたことがあります。現代の子供はこれ意味わかるんですかね。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援は漫画を読むための費用とします。 支援と一緒におススメの漫画を教えていただけましたら読んで感想を書かせていただきます。 *現実的な手段で読める/手に入るものであれば

3

まんがの感想を書く人

週刊少年ジャンプや読んだ漫画作品の感想を書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。