さと*着物コーディネーター

大正浪漫とメリケンサック。着物コーディネーターさとです。 noteでは着物に関するコラムやレクチャー記事を書いています。

【ゆかし着物】浴衣の印象を決めるポイント「着丈」

こんばんは。着物コーディネーターさとです。

もうすぐ浴衣の季節ですね。
私はもう割りと浴衣で出かけてしまっているのですが、やっぱりこれからが本番。
花火大会や地元のお祭り、浴衣で楽しんでいる人を街で見かけると嬉しい気持ちになります。

みなさんは浴衣を着る時にどこを気にしますか?
きっとほとんどの方は自分の視界の範囲内を答えると思います。
鏡で見えるのって顔の周りですからね!

でも、ち

もっとみる

#KimOhNo キム・カーダシアン氏のKimono商標登録問題について ②

リアルクローズとして着物を着ている私の視点から、
”Kimono”が下着として商標登録されることの問題点についてまとめています。

前回の記事で述べた問題点は3点です。
①経済的な損失という観点からの問題
②日本人のアイデンティティという観点からの問題
③人種・国籍という観点からの問題

前回の記事では ①経済的な損失という観点からの問題 をまとめました。
今回は
②日本人のアイデンティティという

もっとみる

#KimOhNo キム・カーダシアン氏のKimono商標登録問題について

昨今、2016年の呉服店の広告ポスターが今更炎上したり、
億単位の横領をした日本和装の元社長が会長として経営復帰したり、
何かと嫌なニュースの多かった和装業界。
ですが、今度は「ニュース」という言葉で片付かないほどの事が起こりました。

アメリカのソーシャライトとして活躍するキム・カーダシアン氏が、下着のブランド名を”kimono”とし、商標登録の申請を行いました。
これに対してTwitterやI

もっとみる

【着物コラム】着物を着たら「上品な人」になれる?着物と変身願望の不思議な関係

こんにちは、着物コーディネーターさとです。

実は最近中国版TwitterのWeiboというSNSを始めてみたのですが、
「オススメのレンタル着物屋さん教えて!」
と、結構高確率で訊かれます。
中国人の若い女性の間では、日本旅行とレンタル着物はセットのようです。

実は中国国内でも「変身写真館」のようなお店もあって、
「そういうお店ではなく、日本でレンタル着物」
を選ぶのは、体験とセットに

もっとみる

【ゆかしきもの】「いかり肩の人は和服が似合わない」は嘘!肩を美しく見せる浴衣姿のポイント

こんばんは。着物コーディネーターさとです。

先日こんなご相談を受けました。
「私はいかり肩なので、和服が似合わないって言われるんです」

な、なんだって!?けしからん!!

と個人的には思ったのですが、
(寸胴な人は着物が似合う、等を他人に向かって言うのは
立派な体型ディスだと思っています)
確かに「肩の形をキレイに見せる」着付けには、
ちょっとコツが必要です。

現代人は、肩の形が綺麗な

もっとみる

【着物コラム】Instagram経由で呉服屋さんから受けた営業がヒドかった話

こんにちは。着物コーディネーターさとです。
今日はタイトルの通り、
直近で経験した中でも中々レアケースで貴重な
呉服屋さんからのセールスのお話をしたいと思います。
(怒ってません)

先日、携帯に見知らぬ番号からの着信がありました。
東北のとある県からの着信だったのですが、
身に覚えが無いのでスルーしていました。

数時間後、仕事で使用しているEメールアドレスに
1通のメールが届きました。

概要

もっとみる