超ニッチジャンルで個人主催の展示即売会を成功させる方法



こんばんは。
着物コーディネーターさとです。

私はずっと半年ペースの個人主催即売会を13回継続開催しています。
2014年から開催したので、今年で5年目になります。
小さなイベントではありますが、超ニッチジャンルである「着物」で
ここまで継続開催している展示即売会は他にありません。

今日は私が5年間、たまに苦しい思いもしつつ培った
「超ニッチジャンルにおける個人主催の即売会」のノウハウをまとめてみました。
とはいえ私も5年間模索したので、正直に言えば覚悟のない人に教えたくありません。ゆえの高額設定、ご了承ください。







①即売会の概要を決める=コスト回収の計画を決める

「即売会がやりたい」とひとくちに言っても、どんなイベントにするかって結構ノリで決めてしまいがちですよね。
販売する物が先に決まっている or 参加メンバーが先に決まっているパターンが1番多いように思いますが、
即売会の開催概要を決めるに当たって最初に考えるべきは
・継続開催を目標にするか、単発にするかです。
コスト回収の計画が変わるからです。

単発にするなら初回で開催にかかった費用を1回で全回収できるようにコストを設定しますよね。
継続開催にするなら初回のコストは設立費のようなものなので、全何回を目処に回収するかを設定しましょう。

この続きをみるには

この続き:6,592文字

超ニッチジャンルで個人主催の展示即売会を成功させる方法

さと*着物コーディネーター

10,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

さと*着物コーディネーター

大正浪漫とメリケンサック。着物コーディネーターさとです。 noteでは着物に関するコラムやレクチャー記事を書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。