見出し画像

「ながら」で聴けるYouTubeやVoicyのこと

ラジオ(radiko)やspotifyみたいなものはあんまり利用していなかったのだけど、最近聴き始めたのが、ライフハックとかビジネスニュースとか、有名人が「声だけで」話してくれるやつ。確か最初は勝間和代さんの「勝間式超ロジカル家事」

を読んで、いいなこんな風な家事効率化のネタもっとあるかな、と思って何となくYoutubeを見てみたところから。

勝間和代さんのYouTubeは、短くて分かりやすいから、気に入っている。毎日くらいの頻度でアップしてくれるから、毎晩の一番だるい皿洗いの時間に聞いたら楽しくできるかなくらいの感じで聴き始めたら、何だかハマってしまった。

勝間和代さんの動画みてると、タイムラインでなぜかYoutubeがおすすめしてくるので、メンタリストのDaigoさんの動画も見始めた。

彼の動画も、ほとんど映像は意味が無い、というか延々画面に向かって話しているだけなので、そもそも最初からラジオみたいにながら聴きできることを念頭においているのだと思う。元々ニコニコ動画で配信していた人気コンテンツで、膨大な参考文献から論理的に面白い心理学の話、スパスパ気持ちいい感じで話してくれる。

その他には有料会員になってるNewsPicksの動画とかもとっても面白いんだけど、時々スライドやフリップを使って説明するので完全に耳だけとは行かない。

このNewsPicksの討論番組コンテンツ「The Update」で討論されてた「音声コンテンツはバブルか?」で知ったのがVoicy。

今の私みたいな、語るだけのコンテンツ好きのための音声配信サービスなのかな?ここのところすっかりファンになっているキッズライン代表の経沢香保子さん(かほこママ)のコンテンツがたくさんあって嬉しい!

すごい波乱万丈の人生送ってきて、今もめっちゃ仕事できる人なんだと思うのに、声も優しくて時々酔っ払っていたり、朝のメイクしながらの配信だったり、と思うと時には設定(銀座の高級クラブのママだっていう設定。それで人生相談するのがメインのコンテンツ)を全く忘れてベビーシッター事業についてかなり熱く語ってたりする。

ブログ面白いのを書き続けてたり、短いうまい文章でTwitterでフォロワーガンガン増やせる人ってすごい才能だなっと思っていたけど、この「語り」の分野って、「語れる人」って新しい種類の才能だな。そして結構個性が出るんだな。

ワイヤレスイヤホンも買ったし。もう少しこのながら聴きのマイブームは続きそう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Yanmama

1982年北国生まれ、東京都在住。6歳と5歳と2歳の女の子がいます。

Voicyの楽しみ方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。