『雨過天晴』(書:関口紅雨 青磁:木村盛和)

画像1 青磁は、中国で皇帝たちのために作られた特別な器です。 形は青銅器を模し、色は玉(=翡翠)を模したと言われます。 翡翠の色といっても、明るい水色から緑に近い色まで様々。 中国の皇帝・徽宗は、「雨の過ぎ去った後の雲の切れ間から見える空の色」、 つまり「雨過天青雲破処(うかてんせいくもやぶれるところ)」という色を理想とし、天青色と呼ばれました。(※雨過天晴=物事が好転するたとえ。雨がやみ、空が晴れ渡り明るくなる意から。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Fucki'n Cool ☆
3

studio 014K

■京都出身・横浜在住■三毛・茶トラ・タヌキ柄と同居中■日日是製作■

Calligraphy

関口紅雨先生の作品を使用させて戴いた作品。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。