"エロ髪美容師"阿形聡美がnoteデビューします。

どうも。

エロ髪美容師、阿形聡美です。

エロ髪ってなんだ!?という方は、まずこちらをご覧ください。

初めてnoteを書きます。

私、2007年に兵庫県から上京し、美容師を続けてこの4月で丸11年。

青山のサロン1店舗を経て、(株)NORA入社。現状は表参道にあるNORA Journeyというサロンで美容師をしつつ、弊社のWebマーケティングディレクターを務めております。

個人ブログもやりだして今年で9年!(最初の頃はほとんど内容無いですが。。)
ちょっくら新しいことをスタートしようと思っています!!

今まで続けている個人ブログも継続しつつ、今後はnoteとの使い分けをします。

【従来の **satomi-agata.com**】

お客さん向けの投稿。読み物として楽しんで頂けるものに。

【noteの「"エロ髪美容師"阿形聡美のガチムチ美容師論。」】

美容師向けの投稿。自分の体験談を元に、培った美容師論を小出しにしていきます。


なぜ分けるのか。

今までガチムチな美容師論をブログ上でも書いていたんですけど、あまりに暑苦しくて、お客さんが見たらちょっと重いって感じちゃうかなぁってのもありまして。。

あとは美容師さんに説得力のある内容を書くのに数字の話が必須だったりするんですけど、それを見たお客さんに「お客様=お金」って思われるのがイヤだったので、分けて書くことにしました。

実際、私自身も「今月の売上〇〇万円でした!」って書いてる美容師さんに違和感がありました。これお客さん見たらどう思うんやろぅ、、って。

なのでやはり見せたい対象によって、記事を書く媒体を分けることも、客商売をやる身としては重要なのかなと思っています。

美容師に向けた投稿とは

美容師のだいたいが歩合制です。(ここがやはり「お客様=お金」と捉えられてしまいやすいポイント)
お給料の話は一旦置いといて、毎月「売上」という数字が出ます。会社に属している以上は「売上」というものをきちんと達成していかなくてはなりません。(フリーランスの場合は分かりません)

美容師が「売上」を上げるためには、今来ているお客さんを、確実に次回の来店に繋げること。=リピート率を上げる
新しく来店していただくお客さんの数を増やすこと。=新規を増やす

ことが重要です。(他にも諸々ありますが割愛します)

今や雑誌やテレビに出れば爆発的に集客出来る時代は終わりました。
SNSの普及。ホット〇ッパーの掲載サロンの増加に伴い、お客さんがサロンを選ぶには情報が多すぎる。
そんな中で「選ばれる美容師になる集客法」なんてのは美容師さんが欲しい投稿なんですが、そんなのぶっちゃけて書きすぎると、私にもお客さんいなくなっちゃうんで(笑)、ほどよくチラ見せしていく予定です。(チラ見せぐらいが萌えるよね。)

「売上」というとどうしても「新規客」に目がいきますが、まずはバケツの穴を埋めることが最優先です。「リピート率の上げ方」についても今後投稿していく予定。

美容師論を語る2つの理由

ライバルである美容師に向けて、なぜこんなことを書くのかというと、2点理由があります。

1つは、お客様のため。
美容師とうまく意思疎通ができなくて、悲しい思いをしてしまうお客さんを減らしたい。

新規のお悩みで多いのは「自分の似合う髪型を提案してもらえない」「いつも同じ髪型になる」「イメージをうまく伝えられない」「思っていたより〇〇になった。(短く、明るく、等)」ということです。

これって、カットの技術うんぬんではなくて、美容師がもっとカウンセリングが上手だったらこうはならなかったんじゃないかな、って思います。

文章ではカットは教えきれないけど、(動画もあるけど、やはり大事なのは触感。髪の質感なんかは特に手で理解しないと無理。)
カウンセリングのポイントはお伝えできます。

カウンセリングが上手になれば、意思疎通がしっかりできて、「思っていたのと違う」ってことは減ります。故にお客さんの満足度も上がって、悲しい気持ちになる人が少しでも減るんじゃないかな。

2つは、文章を書くことで自分の価値を高めるため。

中学生の頃から自分で自分のお金を稼ぎたいって思って生きてきました。当時から結婚相手を年収で選ばなくてもいいように、自分の年収を1000万以上にしようって決めていました。

もちろん純粋にお金も大事ですが、今の時代は「価値を高める」ことの方が大事です。

いづれか子供も産みたいので、産休に入った時、ハサミが持てない時期も自分が「価値のある美容師」でいられるように、noteで"美容師にとって価値のある文章"を書いていこうと決めました。

私はプロのライターさんには絶対になれない。だけどプロの美容師として"価値のある文章"は書ける。

いつか"エロ髪美容師本"とか出したいな。出さなくちゃ。絶対出してやる!!


サポートしてくれたらその資金に回します。さとみちゃんが泣いて喜びます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

"エロ髪美容師"阿形聡美のガチムチ美容師論。

美容師に向けた"ガチムチ美容師論"。 「エロ髪美容師」を名乗るセルフブランディング論×「共感」を圧倒的に大事にしたマーケティング論 今後展開していく予定です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。