生む

分け隔てなく花を、植える
踏石のように散る身も
根に蔦を巻いて、風に揺らす
裾が破れ、散り、枯れる
誰かの、恋のためであっても
地に種を産み、また、花になる
往来を湧かす歓声も中傷も、皆、地中深く埋められた生き物の養分となり、身になり、心になり、名になる
地に種を植える、花を生む
摘み慣れた手のあかぎれと、誰かの愛のために、
花を咲かして、風に揺れる

ありがとう(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥
2

旧)メオ

ざっくばらん。

詩や短文や散文類の完成品集。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。