生命(きみ)の可能性

実力を分かっている鳥は、背丈を越えることをしないけれど
生命である命は跳躍することを密かに願っている

誰にも越えられない歴史を
君のなかでだけ、完成させて
終わりがあるならまだいいけれど、お終いを唄えないなら悲劇だ

完成する役割を担ったんだ、生命は
いつまでに終われるかな私達人類は

君の可能性を密かに信じている

ありがとう(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥
1

旧)メオ

ざっくばらん。

詩や短文や散文類の完成品集。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。