なんのために頑張るのか。

『頑張っている人と頑張っていない人の違い』とか『どうやって頑張るべきか』とか‥そういう情報は溢れているけど、超個人的な『なんのために頑張るのか』がみえないと、その情報を活かすところまでたどり着けない。


『なんのために頑張るのか。』

みんなはなんのために頑張ってる?
なんのために頑張れてる?


「なんのために頑張るか」を、動機付け・モチベーションと言い換えてみると、「そんなもんなくても先ず行動せい!」と思う自分もいるんだけど、

『なんのために』を因数分解していくと、そこには『愛』が残る気がした。(愛と結論付けるのは、なんだかくさいし悔しいんだけどね)


なんのために生きるのか、なんのために働くのか、なんのためにそれをするのか。

そこにあるエネルギーの根源、熱や温度のあるもの、、、それが愛。


なにかを愛せてないと、人生と真正面から向き合えないんじゃないかな。‥って、ちょっと大袈裟かもしれないけど考えてみた。


それが動物でもモノでも自分自身でも。
仕事でも恋愛でも音楽でもスポーツでも。


何かを愛しているから、何かを愛したいから、何かに愛を感じるから‥だから頑張れるんじゃないかなって、なんかそんな風に思ったんだ。


「先ず自分自身を愛する」みたいな月並みな言葉は、人生と真正面から向き合う一番シンプルな手段なのかなーって。

もし仮に、自分自身を愛せないなら、先ず、何か心から愛を注げるものと出会うことを考えてみる。


クラゲのようにフワフワ浮遊していると、
愛という超主観的な感情さえも抜けていってしまうから‥



「なにかを愛することって、人生の大きなテーマの一つだなぁ。」


めちゃありきたりな言葉だけど、改めてそんなことを感じている。

愛という感情が、ここ数年どこか遠くにある気がして。


『人生の動機付けは、なにかを愛すること。』


自分自身を愛せるか。
僕は何かを愛しているか。


もう少し意識して生きてみよう。







メインブログ:日本微住計画
https://satoshohei.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます。読者さんからのリアクション、とても励みになります。

わーーー嬉しいです!!
2

佐藤翔平 / 1分間ブログ

noteでは、考えや気付きを『1分間』程度で伝えるミニマルな企画をしてます。2014年から『移動する生き方』を通じて、移住と旅の真ん中らへんの滞在概念を面白がってきました。令和元年より横浜のBtoB企業で広報Webマーケ担当してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。