あなたの可能性を育てるヒント【2本の柱を立てろ!】

こんにちは コピーライターの佐藤(さったか)です。前回の「あなたの可能性を見つける質問」を読んだ知人から「あのように質問されることで、自分と向き合うきっかけを作れますね。深いところで再確認できそうです。」というメッセージが届きました。ありがとう! しかしそれにしても、身近な人から感想が届くと必要以上に恐縮してしまうのは、どうしてなのだろう? いや、もちろん素直に嬉しいんですけどね。

前回の記事を読んでいない人は、こちら↓

さて「自分と向き合うきっかけ」を見つけてもらえたのは、とても嬉しいことです。しかし、きっかけで終わらせてしまってはもったいない。きっかけは成長の種ですから、そこから育てなければいけません。そこで今回は前回の記事からひとつ足を進めて、あなたの可能性を育てるヒントというテーマで話してみたいと思います。


自分の可能性を「二つの柱」で育てていく

前回あなたは、今と過去の自分に質問することで、自分の可能性を示唆するキーワードを、いくつか見つけることができたと思います。すでに「よしこれだ!」と行動を開始している人もいるかもしれませんが、せっかくのチャンスです。歩き出す前に、少し立ち止まりもう少しだけ掘り下げて考えてみましょう。

私は「自分の可能性を育てる」には、2つの柱(視点)が必要だと考えています。

 ①結果にこだわらず、好きだから続けていくこと。②結果にこだわり、目標実現を目指して続けていくこと。

前回、あなたが見つけたキーワードを、この2つに分類してみてください。多くの人達が、①②のどちらかだけを選んで行動してしまいます。しかし、ものごとを育てていくには、複数の視点を持ちバランス良く底上げしていく必要があります。大きく高い目標を手にしようとするならば、なおさらです。

そこで私は、①=好きなこと優先 ②=目の前の課題優先 の2つの柱を設定し並行させて同時に実行していくことを、おすすめしています。不思議なもので、この2つを育てていく過程で「いつかどこかでクロスする瞬間」がやってくるものです。そこに後ほど解説する「③タイミング」という要素が加わることで、現実的に手応えを感じる段階にまで進むことができるようになります。

そしてなによりも、複数の視点を設置し同時に進めていくことは、これからの新しい時代に必要な考え方のひとつになると私は考えています。この部分はまた機会があれば別のところで書いてみたいと思います。


1本目の柱「結果にこだわらず、好きだから続けていく」

それでは、まず1本目の柱「①結果にこだわらず、好きだから続けていくこと」から解説していきましょう。

これは文字通り「好きだから続けてきたこと。そして、これからも続けていくこと」ということです。誰から強要されるわけでもなく、具体的な目的があるわけでもなく、楽しいから続けてきたことの中に「自分の可能性」を見つけていく、ということです。

多くの人たちが「これは趣味でやってきたことだから」とか「他にやることもないから、続けてきたんです」と謙遜されます。そして実際に「これが仕事になるわけがない」と思い込んでいるのだと思います。

しかしながら、一人の人間が10年、15年と時間と労力をかけて追求してきたものの中には「誰かの役に立てる =社会とつながる」要素が存在しています。それを必要としている人が、いるものです。


「好きなこと」 ⇄  「社会に提供できること」

まずは、

「自分が好きだから続けてきたこと、これからも続けていくことの中から、世の中に提供できることはないだろうか?」

と、自分に質問してみてください。具体的な質問をすることで、行動への道標が見えてきます。それはただ単に「何か自分にもできることはないかな?」とぼんやり考えている時とは異なった道標です。好きなことと、誰かの役に立てる、ことの間には必ず「つながり」が存在しますから、そこを静かに探っていくのです。


例えば、私の場合。

私の場合①は「本を読むこと」そして、それを社会に提供できるのは「その内容ついて自分の体験と組み合わせて考察し、提供する」でした。

読書で得た知識 + 起業と仕事を通して得た体験 = 講義・文筆業として提供

以前どこかで書きましたが、自分が提供したことで「今までに、3人から喜ばれたこと」があれば、それはこの①の分野にあてはまる場合が多いでしょう。喜ばれるということは、必要とされているということです。今は忘れてしまっている、あなたの過去の記憶を辿ってみてください。

無事に、その種を見つけられたのなら、あとはせっせと水と肥料を与え、ていねいに育てていくだけです。人によって時間はかかるかもしれませんが、そこにはすでに豊富な土壌ができあがっているはずですから、遅からず芽吹く瞬間がやってくることでしょう。


ところで、自分が「本当に好きなこと」を知っていますか?

そういえば、以前あるセミナーの受講生から質疑応答の時間に「佐藤さんは、どうやって『自分が好きなこと』を見つけたのですか?」という質問を受けたことがあります。

自分が本当に好きなことが、わからない。一見すると矛盾した内容です。自分が好きなことは、自分自身が一番よくわかっているはずだし、他者に質問をして得られる情報ではないからです。ところが、最近は同じ質問を抱えている人が増えているようにも感じます。もしかすると、この記事を読んでいるあなたもそうなのかもしれません。

なので今回は最後に、私が「本当に好きなこと」を確信した時のことを、お話しして終わりにしたいと思います。


ロウソクの灯りの下で

2011年の震災の時の話です。私は宮城県仙台市で被災し、10日間ほど電気が使えないという状況の中で生活をしました。電気がありませんから、夕方になると周囲は暗闇に包まれます。街灯も機能していませんので、遠くの微かな光でも眩しく感じるほどの世界です。

夜になると室内の明るさを確保するために、ロウソクを立てるのですが、私はその前に座り本を読んでいました。さすがにロウソクの小さく、そして揺れる光の下で長時間読書するのは難しかったのですが、わずかな時間でも本を読むという行為は、日常の生活を感じさせ「心を安定」させてくれる時間になっていたのでした。

この体験から、普段当たり前のように続けてきた読書の時間が、私にとっては自分の人生に切り離せないものなのだ、ということを実感しました。それと同時に、ライフラインが復活し仕事ができるようになったならば、

今まで自分が本から得てきたものを、誰かに提供していこう。

と、考えたのです。それまでは「こんなことを書いても仕方がない」とか「自分のことを書くのは恥ずかしいから、止めておこう」などと考えていたことを「今まで自分が学んできたことを、必要としてくれる人がいるのならば提供していこう」と決意したのでした。


書いてみたら、意外と長くなった。

予定していたよりも長くなってしまいました。いざ書き始めてみると、思っていたよりも様々なことが思い浮かんで収拾がつかなくなってきたので、今回はここでおわりにします。またあらためて、続きを書いてみたいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。ぜひ気軽にフォロー&「スキ」してみてください。ありがとうございました。

関連

佐藤のtwitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

コーヒーを飲みに行ってきます。ごちそうさまです!

スキありがとう! 10:陽はまた昇る(ヘミングウェイ)
13

起業家だけが知っている、人生の荒波を乗り越える方法

起業体験から、見えてきた事柄の記憶の記録。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。