見出し画像

◎斜陽の東晋の帝たち 総括

晋帝という、言わば世説新語における
時間軸を一通り眺め終わった。
なので、ここまでで感じたことを
メモっておこうと思う。

ひとくちに言えば、世説新語、
簡文帝周りについては
「別の読み物」位の認識が
必要であるよう感じた。
なので、世説新語を
無邪気に楽しみたい方は、
簡文帝が絡むエピソードは
ほぼ飛ばすと良いように思う。

いっぽう、そんな「飛ばした方が良い」
箇所が、正直なところ、非常に楽しい。
なのでここの散文を読んで頂き、
「佐藤こんなとこにヌラヌラしてんのかよキモッ」
と感じて頂ければ良いのではないか。
ヨイデハナイカ。

簡文帝は、世説新語の記述だと
「人品高邁、なれど亡国の礎の徒」
として記録されている。
この主張に至るためのロジックが入念に、
そして我々の感覚からすれば
「陰湿に」練り込まれている印象がある。

これは簡文が登場しない箇所にも
忍ばされている。
具体的に言うと、武帝6武帝13
これと簡文27を読み比べてみて頂きたい。
実に見事な簡文 dis が決まっているのを
感じて頂けるものと思う。

では、なんでそんな事態に
なっているのだろう。
この点については、編纂者の来歴を
覗いてみると面白いものが見えてくる。

世説新語の編纂者は劉義慶である。
劉宋武帝、劉裕の甥。
文人として名高く、
無能であった父親(劉道憐)ではなく、
有能であった叔父(劉道規)の
後継者となった。

時の皇帝は文帝、劉義隆。
劉裕の三男であるが、
長男が帝位にあって役不足であると
廃位、殺され、
次男も謀反の疑いが掛けられて殺された。
このような中での即位(424)である。
更には即位後間もなく、主要幹部である
徐羨之、傅亮、謝晦を処刑(426)。

更に後の話をしておくと、
四男六男も謀反を起こし、
処刑されている(451、454)。
しかも、その文帝も
嫡子に殺害される(453)、
と言う、どこをどう見ても
文帝の血族の仲は最悪であった。
あるいは貴族たちの権勢争いに、
いいように利用されていた。

この宮中のへどぐちょを、
少し外側から見ていたのが劉義慶である。
世説新語の完成時期は明らかではないが、
劉義慶の死亡年が 444 年、
文帝死亡が 453 年であることを考えれば、
文帝治世中の成立は間違いがない。
実際に読んだかどうかはさておき、
親族が編纂した書物である。
存在を意識しない、と言うことは
無かっただろう。

ここで簡文帝についても、
簡単にまとめておこう。
東晋を立てた元帝の末子。
そして即位の辺りで、やはり兄に
謀反の嫌疑が掛けられていたりする。

ここは未だ憶測の範囲でしかないのだが、
おそらくは簡文即位周りの宮中情勢、
思った以上に
「琅耶王氏の権勢が非常に大きかった」
文帝即位時と似通っていたのではないか。

そこから推論を進めると、
見えてくることがある。
「外部に振り回されて
 あなたの軸が定まらないと、
 簡文即位後の東晋のように、
 宋の皇統はグズグズになりますよ」
と言う、劉義慶の諫言だ。

世説新語で有名なエピソードと言えば、
曹丕が曹植に詠ませた、とされる
「七歩詩」だろう。
以前どこかで、このエピソードと
劉義隆との関連性を見て
「暗に劉義隆を批判している」
と言う論を見かけた。

この認識の持ち方については
ひどく腑に落ちてきた感があったので、
以後自分の世説新語観に
大きく影響を及ぼしてきた。

が、今回の簡文考察を経て、
既に書いた通り
諫言要素を強く感じるようになった。

批判と諫言は、近いが遠い。
さて、ここから先、
桓温や謝安が描かれていくと、
この辺りがどう変わっていくんだろう。
楽しみである。

ただその前に、五胡の君主たちに
行っておきたい。

ある意味ここも
読んでおきたいところだったのだ。
何せ「五胡十六国時代」だしね。

では恒例の没エピソードたち。
簡文さま、エピソード数多かったけど
没も多かったよ。

王導謝安辺りは
同じようなノリだろうなー。


簡文帝

 羊秉為撫軍參軍少亡有令譽夏侯孝若為之敘極相讚悼羊權為黃門侍郎侍簡文坐帝問曰夏侯湛作羊秉敘絕可想是卿何物有後不權潸然對曰亡伯令問夙彰而無有繼嗣雖名播天聽然胤絕聖世帝嗟慨久之(言語65)
 夭逝した羊秉の後継ぎがいなくて悲しい、
 と言われてもへーとしか言えない。

 佛經以為袪練神明則聖人可致簡文云不知便可登峰造極不然陶練之功尚不可誣(文學44)
 仏典やべえ。けどよくわかんねえ。
 きっとやべえんだろう。
 というお話でした。
 つーか訓読が無理ゲーすぎてわろた。

 張憑舉孝廉出都負其才氣謂必參時彥欲詣劉尹鄉里及同舉者共笑之張遂詣劉劉洗濯料事處之下坐唯通寒暑神意不接張欲自發無端頃之長史諸賢來清言客主有不通處張乃遙於末坐判之言約旨遠足暢彼我之懷一坐皆驚真長延之上坐清言彌日因留宿至曉張退劉曰卿且去正當取卿共詣撫軍張還船同侶問何處宿張笑而不答須臾真長遣傳教覓張孝廉船同侶惋愕即同載詣撫軍至門劉前進謂撫軍曰下官今日為公得一太常博士妙選既前撫軍與之話言咨嗟稱善曰張憑勃窣為理窟即用為太常博士(文學53)
「文学」の長いお話は地雷。ちい覚えた。
 地味な張憑さんが清談の腕で
 のし上がります。

 殷中軍孫安國王謝能言諸賢悉在會稽王許殷與孫共論易象妙於見形孫語道合意氣干雲一坐咸不安孫理而辭不能屈會稽王慨然嘆曰使真長來故應有以制彼既迎真長孫意己不如真長既至先令孫自敘本理孫麤說己語亦覺殊不及向劉便作二百許語辭難簡切孫理遂屈一坐同時拊掌而笑稱美良久(文學56)
 孫盛が劉惔に負ける話。
 お、おう。

 王爽與司馬太傅飲酒太傅醉呼王為小子王曰亡祖長史與簡文皇帝為布衣之交亡姑亡姊伉儷二宮何小子之有(方正65)
 王濛の息子が司馬道子に侮られたお話。
 うん。どうでもいい。

 蕭中郎孫丞公婦父劉尹在撫軍坐時擬為太常劉尹云蕭祖周不知便可作三公不自此以還無所不堪(賞譽75)
 この話にしか出て来ない人
 褒められたって知らんがなですよね。

 簡文道王懷祖才既不長於榮利又不淡直以真率少許便足對人多多許(賞譽91)
 簡文目敬豫為朗豫(賞譽106)
 簡文云淵源語不超詣簡至然經綸思尋處故有局陳(賞譽113)
 簡文さまのお褒めコメント集。
 おつかれさまでーす。
 つーか簡文さまの表現むつかしすぎ。

 撫軍問孫興公劉真長何如曰清蔚簡令王仲祖何如曰溫潤恬和桓溫何如曰高爽邁出謝仁祖何如曰清易令達阮思曠何如曰弘潤通長袁羊何如曰洮洮清便殷洪遠何如曰遠有致思卿自謂何如曰下官才能所經悉不如諸賢至於斟酌時宜籠罩當世亦多所不及然以不才時復託懷玄勝遠詠老莊蕭條高寄不與時務經懷自謂此心無所與讓也(品藻36)
 キャラクター紹介です。
 孫綽さんは劉惔、王濛、桓温、謝尚、阮裕、袁喬ほどの才覚はないけど風雅さじゃ勝つよ、ですって。

 簡文云謝安南清令不如其弟學義不及孔巖居然自勝(品藻40)
 謝奉さんのお話。
 謝安さんと微妙に絡むくらいしか
 エピソードない人褒められてもねえ。

 襄陽羅友有大韻少時多謂之癡嘗伺人祠欲乞食往太蚤門未開主人迎神出見問以非時何得在此答曰聞卿祠欲乞一頓食耳遂隱門側至曉得食便退了無怍容為人有記功從桓宣武平蜀按行蜀城闕觀宇內外道陌廣狹植種果竹多少皆默記之後宣武漂洲與簡文集友亦預焉共道蜀中事亦有所遺忘友皆名列曾無錯漏宣武驗以蜀城闕簿皆如其言坐者嘆服謝公云羅友詎減魏陽元後為廣州刺史當之鎮刺史桓豁語令莫來宿答曰民已有前期主人貧或有酒饌之費見與甚有舊請別日奉命征西密遣人察之至日乃往荊州門下書佐家處之怡然不異勝達在益州語兒云我有五百人食器家中大驚其由來清而忽有此物定是二百五十沓烏樏(任誕41)
 桓温さまの楽しい部下の話だが、
 何つーか、ふーん、としか。

 范玄平在簡文坐談欲屈引王長史曰卿助我王曰此非拔山力所能助(排調34)
 范汪さんが論争に負けそうになって王濛に助けを乞うた、
 が王濛さんに断られた。なるほど。で誰?

孝武帝

 孔僕射為孝武侍中豫蒙眷接烈宗山陵孔時為太常形素羸瘦著重服竟日涕泗流漣見者以為真孝子(德行46)
 孔安国の孝行話。
 知らねーよ、つうかなんで徳行って
 もれなくつまんねーんですかね?
 面白い話に当たった記憶がまるでない。
 これが当時の人間との感覚の違いなのか、
 あるいは当時の人間も
 お題目で据えてるだけなのか。

 孝武在西堂會伏滔預坐還下車呼其兒語之曰百人高會臨坐未得他語先問『伏滔何在在此不』此故未易得為人作父如此何如(寵禮5)
 伏滔とか言うぽっと出を
 厚遇したと言われても、
 はぁ、としか言えません。

 殷仲堪父病虛悸聞床下蟻動謂是牛鬬孝武不知是殷公問仲堪有一殷病如此不仲堪流涕而起曰臣進退唯谷
(紕漏6)
 孝武さまが殷仲堪パパの病気に
 対して失言しました、なんだが、
 どこが失言なのかがよー分からん。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

専門書を購入したいのです。 一冊で五ケタとかざら。 そう言ったものを購入できるよう、 サポートしていただければありがたいです。

ありがとうございます。三国志は詳しくないです。

さとうこう痔

世説新語と日々遊んでる人です。

デイリー世説新語

三国志以降二百年ほどの時代に活躍した著名人たちのエピソードを集めた小説「世説新語」。この中から作者が面白いと思ったエピソードたちを、一日一編、ライトなノリでご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。