見出し画像

孝武8  敬して遠ざく

孝武さま、王国宝と王雅を重用していた。

さて、王雅が孝武さまに王珣を推薦する。

あの王導さまの孫にして
国内屈指の才人である。
これは是非とも会ってみたい。

そしてある夕暮れ時、王国宝と王雅は
孝武さまの開催する宴席にいた。

孝武さま、少々酒気を帯びている。

じゃあこの席に
王珣を呼ぼうか、という事になった。
使いの者が、王珣を連れてくる。

ところで王国宝にとっては、
才人である王珣に来られてしまうと
立場がいろいろ危うい。
何せ、どう考えても
才能は向こうのが上である。

ここで会せたら孝武さまの寵愛を
喪うと恐れた王国宝、一計を案じる。

「王珣は当代一流の名士。
 かの者に会うのに、
 陛下が酒気をお帯びでは
 示しがつきますまい。

 別途詔勅により召喚なさるのが
 よろしいかと存じまする」

確かにその通りだ、孝武さま、
王国宝の進言を受け容れる。

忠心ゆえの提言と認識した孝武さま、
この時は結局
王珣に会わずに終わるのだった。


 孝武甚親敬王國寶王雅雅薦王珣於帝帝欲見之嘗夜與國寶雅相對帝微有酒色令喚珣垂至已聞卒傳聲國寶自知才出珣下恐傾奪其寵因曰王珣當今名流陛下不宜有酒色見之自可別詔也帝然其言心以為忠遂不見珣

 孝武は甚だ王國寶と王雅に親敬す。雅は王珣を帝に薦す。帝は之を見んと欲す。嘗て夜に國寶や雅の帝に相對せるに、微かに酒色有り。珣を喚ばしめて垂しく至る。已にして卒の傳うる聲を聞く。國寶は自らの才の珣の下に出でるを知る。其の寵を傾奪さるを恐れ、因りて曰く「王珣は當に今の名流たるべし。陛下にては、宜しく酒色有して之を見るべからず。自ら別に詔すべきなり」と。帝は然りとし、其の言の心を以て忠と為し、遂には珣を見ず。

(讒險3)


王國寶
 東晋末期が誇るドクズ。孝武帝や司馬道子の太鼓持ちとしての才能をフルに発揮したため、親戚筋の王恭に「アイツはクソだ、君側の奸だ」と指弾され、処刑された。

王雅
 東海郡の人で琅邪太原どちらともあまり接点がない。敢えて言えば琅邪のほうが地理的に若干近いか。孝武帝崩御後失脚したが、お陰で政争に巻き込まれずに済んだ。「司馬道子はとにかくヤバいですけど、王恭も殷仲堪も大概ロクなもんじゃないですよ」と孝武帝にアドバイスしている、とてもロックな人でもある。そりゃ怖くて失脚させるわな、司馬道子も。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

専門書を購入したいのです。 一冊で五ケタとかざら。 そう言ったものを購入できるよう、 サポートしていただければありがたいです。

ありがとうございます。西晋時代もなかなかキチですよ。
1

さとうこう痔

世説新語と日々遊んでる人です。

デイリー世説新語

三国志以降二百年ほどの時代に活躍した著名人たちのエピソードを集めた小説「世説新語」。この中から作者が面白いと思ったエピソードたちを、一日一編、ライトなノリでご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。