曹操4  漢高魏武

曹操が死んでずっと後のこと。
東晋に仕えた庾翼、と言うひとがいた。
この人については、また後日。

その庾翼が荊州に赴任した時、
朝の定例会議で、いきなり放言した。

「俺さー、劉邦や曹操みたいな
 英雄になりたいんだ。なれるかな?」

一堂ドン引きである。めっちゃ黙り込んだ。
そんな中、庾翼の補佐役の江虨(こうひん)が言う。

「いやほんと、せめて桓公文公みたいに
 至尊を奉じるポーズ取ってくださいよ。
 漢高魏武とか、アウトすぎますから……」

 小庾在荊州,公朝大會,問諸僚佐曰:「我欲為漢高、魏武何如?」一坐莫答,長史江虨曰:「願明公為桓、文之事,不願作漢高、魏武也。」

 小庾の荊州に在りて、公朝大會するに、諸僚佐に問うて曰く:「我は漢高、魏武と為るを欲すに何如?」一は坐して答うる莫く、長史の江虨の曰く:「明公に桓、文の事を為さんと願い、漢高、魏武に作ると願わざるなり。」
(規箴18)

庾翼(「崔浩先生」より)
 東晋を代表する名族の出身である重臣。史書デビューは蘇峻租約の乱での敗績と言う喜ばしくない事跡からであるが、その後にリベンジを果たし、軍部での都督権を手に入れている。前燕慕容皝や前涼張駿と結び北伐の意を示すがなかなか叶わず、終いには多少暴走気味に北伐の軍を動かすも失策。十全に意を全うできぬまま死んだ。

江虨
 陳留郡と言う、昔ながらの名族を輩出しているところ出身の人。子孫には劉裕の下で活躍した文官「江夷」がいます。まぁ、一言で言えば超エリートの家系の人です。

桓、文
 戦国時代、斉を率いた桓公と、晋を率いた文公のこと。ともに周の王に対しての忠節を全うした。忠節を全うしたんです。大事なことなので二度言いました。一方で「漢高魏武」、つまり劉邦と曹操は、この時代における「国を興した、不世出の英雄の代表格」です。「国を興した」英雄の、ね。
 えっ庾翼さんアンタ国を興そうとしたの?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

専門書を購入したいのです。 一冊で五ケタとかざら。 そう言ったものを購入できるよう、 サポートしていただければありがたいです。

ありがとうございます。業の見える「排調」が好きです。
1

デイリー世説新語

三国志以降二百年ほどの時代に活躍した著名人たちのエピソードを集めた小説「世説新語」。この中から作者が面白いと思ったエピソードたちを、一日一編、ライトなノリでご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。