曹操13 花嫁泥棒

曹操は若い頃、
結構袁紹とやんちゃをして遊んでた。

ある時、新婚カップルを見かけた二人。
にやりと、二人がヤバい笑みを浮かべる。

新郎の家の庭に潜り込み、夜を待つ。
そして誰もが寝静まった頃に、叫ぶ。
「泥棒が出たぞ!」
家の人は驚き、外に様子を見に出てきた。

その隙をついて家の中に侵入。
新婦に短刀を突き付けて脅し、掻っ攫う。

やんちゃ……?

だが逃げる途中、道に迷うわ
袁紹は路肩の茂みに嵌って
身動きが取れなくなるわ。
そこで曹操が叫んだ。

「ここに泥棒がいるぞ!」

そりゃ袁紹もビビる。
新婦を放り出して脱出。

そうして二人とも逃れたとさ。
めでたしめで……たくねぇよ!


 魏武少時,嘗與袁紹好為游俠,觀人新婚,因潛入主人園中,夜叫呼云:「有偷兒賊!」青廬中人皆出觀,魏武乃入,抽刃劫新婦與紹還出,失道,墜枳棘中,紹不能得動,復大叫云:「偷兒在此!」紹遑迫自擲出,遂以俱免。

 魏武の少なき時、嘗て袁紹と游俠と為るを好み、人の新婚なるを觀、因りて主人の園中に潛りて入り、夜に叫呼して云う:「偷兒に賊有り!」と。青廬の中の人は皆な出でて觀、魏武乃ち入ち,刃を抽して新婦を劫して紹と還りて出で、道を失い、枳棘の中に墜ち、紹の動き得る能わざれば、復た大いに叫びて云う:「偷兒此こに在り!」と。紹は遑迫して自ら擲して出で、遂には以て俱に免るる。

(假譎1)


袁紹
 曹操最大のライバルですね。官渡の顛末から、曹操に翻弄される立場として書かれることが多いです。假譎5にもエピソードがあったけど、あんまりにもつまんなかったんで省略しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

専門書を購入したいのです。 一冊で五ケタとかざら。 そう言ったものを購入できるよう、 サポートしていただければありがたいです。

ありがとうございます。東晋時代の人物面白いっすよ。

デイリー世説新語

三国志以降二百年ほどの時代に活躍した著名人たちのエピソードを集めた小説「世説新語」。この中から作者が面白いと思ったエピソードたちを、一日一編、ライトなノリでご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。