劉聡   温嶠の後妻探し

匈奴漢 昭武帝 劉聡

温嶠さんの妻が亡くなった。

一方、温嶠さんのおばの劉氏、
戦乱により一家離散の
憂き目に遭い、娘が一人いるのみだった。

温嶠、この子を後妻にと狙っていた。
何せ、めっちゃかわいい。

そんなことも知らず、伯母は温嶠に聞く。
この子に良い嫁ぎ先はないものか、と。

神妙に温嶠さんが言う。

「うーん、良い婿は
 なかなか得難いものですからなあ。
 せや! ぼくなんてどうでしょう」

言い切りおった。
おば氏、びっくりである。

「戦乱から何とか生き延びたこの身です。
 その日を過ごせれば、それでいいのよ。

 だというのに、なぜ貴方のような
 大物に嫁がせようというのでしょう」

ロリコンかよてめえ、
と言う心の声が聞こえてきそうである。

一旦は身を引く温嶠さん、
しかし諦めきれない。
そこで、見事な鏡台を贈り、言う。

「いい婿、見つかりましたよ!
 門地も悪くないですし、
 何よりこの温嶠に見劣りせぬ
 名声、官位の者です。
 この鏡台は、その者からの
 結納の品です」

鏡台の見事さに、おば氏は大喜び。
こうして婚約が成立、
いざ結婚式、となった。
ここで初めておば氏と娘、婿殿と会う。

そして娘氏、手を叩いて爆笑である。

「溫嶠じぃじ、私、これ絶対に
 あなただと思っていましたわ!」

そうですよねー。
温嶠さん自身なら、温嶠さんに
見劣りするはずがありません。

オンキョウサン、ウソツイテナイ。

ちなみに鏡台は、
まだ温嶠が劉琨の副官であった頃、
劉聡と戦って得た戦利品だった、とさ。 


 溫公喪婦從姑劉氏家值亂離散唯有一女甚有姿慧姑以屬公覓婚公密有自婚意答云佳壻難得但如嶠比云何姑云喪敗之餘乞粗存活便足慰吾餘年何敢希汝比卻後少日公報姑云已覓得婚處門地粗可壻身名宦盡不減嶠因下玉鏡臺一枚姑大喜既婚交禮女以手披紗扇撫掌大笑曰我固疑是老奴果如所卜玉鏡臺是公為劉越石長史北征劉聰所得

 溫公は婦を喪う。從姑の劉氏の家は亂に值いて離散し、唯だ一女の有るのみ。甚だ姿に慧有り。姑は以て公に屬して婚を覓めしむ。公は密かに自ら婚せるの意有せば、答えて云えらく「佳き壻は得難し。但だ嶠の比きは云何?」と。姑は云えらく「喪敗の餘、粗ぼ存活せるを乞わば、便ち慰むるに足る。吾が餘年に、何ぞ敢えて汝の比きを希んか?」と。卻きたる後、少しくの日にして公は姑に報じて云えらく「已にして婚處を覓め得たり。門地は粗ぼ可たり、壻の身名、宦は盡く嶠に減さじ」と。因りて玉鏡の臺を一枚下す。姑は大いに喜び、既にして婚す。交禮にて、女は手を以て紗扇を披き、撫掌を撫して大いに笑いて曰く「我れ、固より是が老奴と疑う。果たして卜いたる所が如し」と。玉鏡の臺は、是れ公の劉越石が長史と為りしに、北征し劉聰より得たる所なり。

(假譎9)


劉聡(「崔浩先生」より)
 匈奴漢を起こした劉淵の三男。劉淵の配下武将として飛び抜けた武勲を挙げた。劉淵が後継者として示したのは長男の劉和であったが、劉淵死後速攻で劉和を殺害、皇統を強奪する。ついでに次兄の劉恭も殺す。その後劉淵の果たせなかった洛陽・長安陥落を果たし、楽しい虐殺タイム、凌辱タイムに耽る。その際に、例えば劉淵第一の軍師であった陳元達を殺したり、佞臣の靳準に好き放題振る舞う契機を作るなど、国力衰減待ったなしモードを確立した上で死んだ。

ひでえ。劉聡一瞬しか出てきてねえ。
いいけど。

ちなみに溫嶠さんの享年四十二。
呼ばれるのか、それで……じぃじ、と……

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

専門書を購入したいのです。 一冊で五ケタとかざら。 そう言ったものを購入できるよう、 サポートしていただければありがたいです。

ありがとうございます。業の見える「排調」が好きです。
1

さとうこう痔

世説新語と日々遊んでる人です。

デイリー世説新語

三国志以降二百年ほどの時代に活躍した著名人たちのエピソードを集めた小説「世説新語」。この中から作者が面白いと思ったエピソードたちを、一日一編、ライトなノリでご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。