見出し画像

孝武9  お魚食いたい

孝武さまの側近の一人に、
虞嘯父と言うひとがいた。

しかしこの人、側近になってから
まだ一度も孝武さまに
献策をしてきたことがない。

なので孝武さま、ちらっと聞いてみた。

「そろそろ、君からも何かを
 献じてもらいたいものだがな」

虞嘯父の実家は冨春、海のほど近く。
なので虞嘯父、海産物でも
献上して貰いたいのかな、と勘違いした。

「この暖かな時期では、
 まだ魚や蝦、貝も満足に獲れません。
 今しばらくお待ちいただければ、
 立派な海の幸を献上いたしましょう」

孝武さま、この勘違いに
爆笑ノンストップであった。


 虞嘯父為孝武侍中帝從容問曰卿在門下初不聞有所獻替虞家富春近海謂帝望其意氣對曰天時尚煗䱥魚蝦䱹未可致尋當有所上獻帝撫掌大笑

 虞嘯父は孝武の侍中と為る。帝は從容と問うて曰く「卿は門下に在りてより初にも獻替せる所有れるを聞かず」と。虞は海の近き富春に家す。帝は其の意氣を望めるかと謂い、對えて曰く「天の時の尚お煗かなれば、䱥魚蝦䱹を未だ致さざるべし。尋いで當に上に獻ぜんとせる所を有すべきなり」と。帝は掌を撫きて大いに笑う。

(紕漏7)


虞嘯父
 残ってる事跡が佞臣っぽい。しかしこのエピソードを残されちゃうのはしんどいですなぁ……。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

専門書を購入したいのです。 一冊で五ケタとかざら。 そう言ったものを購入できるよう、 サポートしていただければありがたいです。

ありがとうございます。低体温で行きます。
2

さとうこう痔

世説新語と日々遊んでる人です。

デイリー世説新語

三国志以降二百年ほどの時代に活躍した著名人たちのエピソードを集めた小説「世説新語」。この中から作者が面白いと思ったエピソードたちを、一日一編、ライトなノリでご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。