人は死なない。死なない生き方がある

2年前の今日は、鈴木三枝子さんのことを書かせていただいた『道を継ぐ』が発売になった日です。

久しぶりに見たら、Amazonレビューが65件になっていて、たくさんの方に、鈴木さんが遺された数々の言葉が届いていることを嬉しく思います。


先日、ある中学生の女の子から、担任の先生が学級文庫においてくださったこの本のご感想をいただきました。

原稿用紙5枚びっしりに綴られたその感想文を読んで、

人はやっぱり、
死んだだけでは、
死なないんだなあと

感じました。


生も死も、なにか消費されている気がすると思った2年前。
この本を書くために、生前鈴木さんと交流のあった200人近い方にお会いしてお話を聞いて
生きることと死ぬことと、その境目のない連続性をもう一度見つめ直しました。

さとなおさんに
「人は死なない。死なない生き方がある」という
まさに、私がこの本で一番追いかけたかったことに対して
帯を書いていただいたのも、とても嬉しく懐かしい思い出です。

初めて書いたノンフィクションで、拙いところもありますが、それでも、重版のタイミングで1文字も直せなかったくらい、

その時のわたしの精一杯だったし、今書いても、いろんな理由で、この時以上のものは書けないだろうなと思います。

とても好きな本です。
わたし自身が、何度読んでも泣いてしまいます。

よかったら、ぜひ、お手にとってくださいませ。

いまならkindle unlimitedで無料でダウンロードできます。

「はじめに」の数ページだけでもいいので、読んでもらえたら嬉しいです。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい!
8

ライターさとゆみ今日の一冊

読書記録です
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。