時間があるとかないとか、忙しいとか忙しくないとか


脱稿御礼。やりきったーーー。あとは信頼する編集さんに託します。
たくさんの人に届くといいな。この本は、10代、20代の希望の書になるはず。
 
今月は、時間があればやりたいことがいっぱいあったんだけど、どれひとつできなかった。
ライターとして書くことだけで、もういっぱいいっぱいでした。どれもこれも、自分の本以上に、大切な本でした。
 
カクシンハンの舞台、観にいけなかったし(くっそーーーー、初めて落とした)
まだ読めてない本がたくさんあるし(全部1章しか読めてない)
イッセイミヤケの展示にいけなかったし(消えたい泣きたい)
数々のプレセール行けなかったよね(まあ、これはいいか)
自分の本が並んでいる書店に行きたかったけれどまったく行けてないし(写真送ってくださった友達のみなさん、ありがとう)
ご招待いただいたプレスツアーも参加できなかったし(行きたかった、倉庫ーーー!)
飲み会のお誘い、半分以上いけなかったし(肉、魚、肉、肉、フォアグラ!)
なにより、私、今月あんまし、うちの子としゃべってない(マジ、ごめん)。
 
 
だがしかし 
 
いつかきっとゆったり「ていねいなせいかつ」とか言われる日々を送る日がくるのかもしれないわたしと思いながら、わたしずっとながらく、そんなもんに出会ってなくて、というか、生まれてこのかたそんなもん、見たことも食べたこともなくて 
 
これ一生、そんなもんには出会わないかもしれないめっちゃ怖い疑惑をひしひし感じてる。
 
ただ40歳こえてちょっとわかったのは、365日は24時間しかないわけで、40度の熱があっても会いたい人には会いたいし(わたしはしょっちゅう知恵熱が出るので、年に何度も40度超えます)、限られた時間だからこそ、会えた人との密度は深く深くしたい。もう二度とあえなくても後悔しないくらい。
 
 
人間に残されている時間は私だけじゃなくて、あなたにとってもめっぽう限られていて、私はほんとうに小さいころから身体が弱くて、弱点だらけの身体だという自覚があるので、大好きな人とリミテッドな時間を過ごせると幸せだなって、それしか思ってない。(でもまあ、世にはばかる可能性もある気がしてる)
 
 
私、以前「死のシミュレーション」というワークを、MINXのみなさんと受けたことがあって
 
 
 
そのときに、人生の優先順位って、自分が思っていた順位では全然なかったことに気付かされて衝撃を受けていらい、
 
 
人生ってほんとうにシンプルなんだよな。
 
お世辞いったり、思ってもいないこと言ったりする暇なんて、ほんと全然ないなー。そんなに人生って長くないよね。
 
 
思ってもいないことしゃべってにたにた笑ってるそんな馬鹿らしいことする暇あったら、好きな人たちと仕事したり、食べたりのんだりしたいなあって思えるようになってきた。
 
 
今夜は、ひとまわりも歳下のかわいい女子とすてき男子と、仲介役のダンディメンズとご飯でした。 
 


 
前からずっとお仕事ご一緒したかった方々だったので、今日の某プロジェクトの打ち上げ飲みは幸せでした。
 
 
 
  
幸せな夜は少ししかのまなくても酔うね。
幸せな夜だけ、いっぱい増えればいい。な。
 
酔っぱらって候。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
20

ライターさとゆみの日記

こぼれ話とか
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。