見出し画像

心に見えない膜を作って自分を保とうとしている私

こんばんは、もなかです。

感じ忘れたこの感覚。久々にやってきた。

疎外感。

本当はそんなことしているつもりは無いのだろうが、されたと感じてしまう。
3人で話している時に、私以外の2人(趣味や実習のこと)で話し始められると、凄く居心地が悪い、というか自分の存在意義まで疑ってしまう。

厄介なのは、私が疎外されたことに対して過剰に人の目を気にしてしまう所だ。今まで楽しく話してたのに、急に話題に入れなくなったことは悪いことじゃないし、1人ぼっちでもない。
なのに、私が会話に参加出来ない状態になると、周りの人から、

「あの人、疎外されてるよ」

「一人ぼっちだね」

「コミュニケーション能力低いんじゃないの」

など、勝手に妄想して自分を苦しめてる。
正体不明の声が私の心を締め付ける。

あぁ、疎外された。
なんで2人だけで話すの。
なんで私も入れてくれないの。

段々私の顔が強ばってくる。
今まで3人で楽しく話してたのに、2人が急に嫌いになる。席を立ちたくなる。
自分が一層惨めに思えてくる。

こんなことでイラつくなんてどうかしてる。
なんで怒るの?別に疎外してるわけじゃないのに。
入りたかったら入ればいいのに。

私はどうも承認欲求が強いらしい。
人より好かれてると思われたいし、会話だって私の方を見て話して欲しいし、いつだってかまって欲しい。一人ぼっちにしないで欲しい。

この欲求は誰にでもあると思う。しかし、私は人一倍承認欲求が強くて、自分の基準を満たしてくれないとすぐ凹んだり、傷ついたり、自分の存在意義を疑ったりするから、常に人の機嫌をとったり空気をよんだりする必要があるので、めっちゃ疲れる。

疎外感というものは恐ろしい。
自分の存在意義まで疑ってしまうんだから。

わたしはいなくてもいい存在、と周りから言われてる気がしてならない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

もなか

2年生。20歳になりました。 私の見え方、考え方について書きます。 過剰同調性/共感性羞恥
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。