見出し画像

自分の可能性を潰しているのは自分自身だと気づいた話

こんばんは、もなかです。

今朝、テレビを見ている時にふと思ったんです。
芸能人や有名人になったらこんな風になれるのかな....。
皆さんはありませんか?もし自分がその立場に立ったらどう対応するのか。

想像すると、自分はきっとこんな対応してしまうと決めつけていました。その出来事が起こってもいない、起こる気配すら無いのに。

人って自分が思った通りの人間にるらしいので、そうやって自分の可能性を自分で決めつけて潰しているような私はもちろん、その法則に従って想像通りの人間になる。

会話が下手、空気を読めないなど自分が決めつけているから、脳は勝手に私ってそうなんだ、そんな人間なんだと解釈してその通りの性格になろうとする。

もったいなくないですか。

自分の意識、思考次第で性格って変えられるんですよ。

自分は凄い奴だ、自信に満ち溢れている、他人の目なんかどうでもいい!と思うだけで世界は全然変わって見えるんですよ。

偉そうな事書いといてお前、出来てないよ!と言われるかもしれませんが、少しずつ自分を変えていきたいし、もしかして今生きづらいのって自分のせいでもあるのかも、と思ったので地道にやっていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
2年生。20歳になりました。 私の見え方、考え方について書きます。 過剰同調性/共感性羞恥/HSS型HSP
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。