この5年で私の中に起きた変化

前の記事でご紹介した、心理カウンセラーの松尾直子さんのブログやメルマガでご紹介いただいた、セッションを受けた後に起こった私の変化を、こちらにも転載いたします。

《セッションを受けた後に起こった私の変化》

「カウンセリングでは、
話をいろいろした後、

横になり、直子さんの導きで
幼少期の自分に会いに行くという
イメージワークを受けました。

心の中にもぐり、
幼少期を疑似的に再体験し直す中で、
自分を苦しめていた問題の
切り分けと整理ができました。

傷ついて一人ぼっちで泣いていた
小さい頃の自分を見つけ、
抱きしめてあげる体験をしました。

それは、
自分の頭の中のイメージとはいえ、
感触も感じるほど鮮明な映像で、
今もありありと思い出すことができるほどです。

「私が守って可愛がってやらなければ、
誰がやるんだ」と感じて、
『小さい奈緒ちゃん』を
抱きしめてあげられたことは
本当に大きかったです!

『インナーチャイルドを癒す』
という体験は初めてで、とても衝撃的でした。

「新しい思考回路が定着するまでの間、
毎日このインナーチャイルドを抱きしめてください」
とのことでしたので、

続けていたら、徐々に
「自分を大事にしてあげる」
「自分が可愛く思える」
という感情が生まれてきました。

また、大いなる自己(自分の大きな潜在力)
ともつながることをしました。

それが、なぜかウォンバットのような
姿をしていたのですが、

何か恐れを感じるようなシチュエーションで、
その存在を思い出すようにしたら
とても心強く思えました。

そして、
「自分がシャボン玉のような透明な膜に入って
守られているというイメージもするとよいですよ」
(松尾:健全な境界線のイメージのことです)
とも言われ、それも実践していたのですが、

これもとても効果的でした。
(今はもう本体が強くなったため、
膜から卒業できました)

カウンセリング中は、
過去を思い出す中で
色々な感情が湧き上がり、
涙と鼻水で呼吸困難になるほどでしたが、
(汚くてごめんなさい)

まさに、カタルシス
としかいいようのないものでした。

それまでも、
話すだけのカウンセリングや、
心療内科で鉄欠乏性貧血からくる
鬱状態の治療など色々受けてきたのですが、

一番影響が大きく、
心の解放のきっかけとなったのは
直子さんのイメージワークでした。


《その後、生き方や人生がどう変わったか》

母との関係で
アダルトチルドレンとして育ったことによる
自殺衝動や自己否定の感情に
長い間苦しめられていました。

それが、
イメージワークを受け、

母自体も家に縛られていたこと、
祖母から脈々と続く不幸な連鎖の中で
苦しんでいたこともまでも感じ、

それまでの恐ろしいだけの存在から
母という人間を客観的に
見られるようになりました。

その後、
母に意見を言うことができるようになり、
母も変わり、

現在では、
とても理想的で対等な関係を築いています。
(このあたりはブログに書いたので、もしよろしかったら)
https://note.mu/sawanao/n/n750acab2145a

母を受け容れることが
できるようになったら、

それまで忌み嫌ってきた、
家系的に受け継がれて
自分の中にも流れている
「業」としか思えないような濃い血を
愛することができるようになりました。

1年半ほど前、
あるときふっと
「闇から抜けたな」という感覚があり、

自殺衝動に悩まされることが
なくなったことに気がつきました。
(時々は戻ってきますが、すぐに去ってくれます)

今では、
世間的には欠点となる部分まで含めて
自分がとても愛おしく、

そして、
ここまで生き延びてきたことを
誇りに思います。

また、

以前は極度に人からの評価を気にし、
生きる軸が他人になってしまっていたのですが、

自尊心を取り戻すと同時に、
人生の主導権を自分に取り戻すことができました。

今は、
今暗闇にいる人に、
「一歩先に暗闇から抜けた人間」として、
「きっと抜けられるよ!」と伝えるために、
アート活動をはじめ、
あらゆる手段で活動をしています。

(こんなブログも書いています。)
https://note.mu/s-w-n-o/m/m11efde3ce236

こうして発信することにより、
あらゆる年代のあらゆる立場の方から
「話を聞いてほしい」「励ましてほしい」
という相談を受けるようになり、

人から必要としてもらうことで、
さらに自分の存在意義を
強固にすることができるようになってきました。

今では、
生きていることが本当に楽しいです。

死ななくてよかった!

最後に、

先日、脅迫的なことを受けるような
嫌な目にあったのですが、

以前の自分だったら
落ち込んでいたところが、

今回は、
全く自分自身の尊厳を傷つけられることがなく、

むしろ
「脅しには屈しません」と
宣言まですることができました。

この気の強さは
祖母にそっくりです(笑)

アダルトチャイルドだったことで
長年生きる力を削がれてきましたが、

現在は、
本来の姿を取り戻せたのだと思います。」




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とてもとても嬉しいです!
23

アダルトチルドレンの闇から脱出して

長年、アダルトチルドレンとして育ち、自殺衝動と戦っていましたが、この2年ほどでそこからサバイブしたなと感じています。今現在苦しんでいる方に、もう少し生きてみようかなと思っていただける何かのきっかけがお届けできたらと考えています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。