見出し画像

結婚観は人それぞれ

 ひなこさんの記事を読んで、結婚観について書きたくなりました。友人のcaseも載せますね。

case1:吉田さん(仮名)

 ミステリアスだけど、信念のある吉田さん。そんな彼女と電車で一緒になった時に「佐耶佳は子どもが欲しい?結婚したい?」と突然の質問。
 私は「今は思わないかな。吉田さんは?」と聞き返すと、彼女は驚いたことに「子どもは欲しいよ。老後とか困るし。孤独になっちゃうでしょ。子どものためにも結婚したい」と言いました。

 老後のために子どもが欲しいという答えに唖然。
 世話をして貰おうという意味ではないのは、何となく伝わりました。孤独になるのが嫌なだけだと。
 吉田さんは、大学卒業後すぐに婚活を初めて、もうすぐ結婚するらしいです。

case2:福田さん(仮名)

 彼女は超恋愛体質でした。当然結婚願望は強くて、彼氏が出来たら「結婚したい」が口癖。
 すごく寂しがり屋の甘えたさん。所謂「女の子」という雰囲気でした。
 彼女の考える結婚は、ずーっと一緒にいること。それが伝わってきた時に、申し訳ないけど怖くなりました。
 夫となる男性への執着心と独占欲に鳥肌がたったのです。

 そんな福田さんは、どうやら結婚したらしく、寂しがり屋なのに、相手が単身赴任していると風の噂で聞きました。

case3:斎藤さん(仮名)

 彼女も福田さんと同じく超恋愛体質です。中学時代の友人ですが、高校生になって恋愛体質が加速しました。
 しばらく連絡を取っていませんが、状況が変わらないのであれば、別の男性と浮気をしながら彼氏と同棲していると思います。ただ、彼女の口癖は「結婚すれば落ち着くから!」です。
 落ち着く気配を全く感じないのは、私だけではないはず。
 結婚観がちょっと歪んだタイプです。

case4:野田さん(仮名)

 斎藤さんと同じく中学時代の友人です。恋愛体質ではないけど、不審者とエンカウント率が高い子です。
 しっかりしているようで、危うい雰囲気がある印象。
 数年前に2人でお酒を飲んでいた時に「結婚って紙切れだけだよね…」と言っていました。
 男性と結婚したい欲は見えるのですが、おそらく自分に自信がない感じでした。
 私とちょっと近い感じです。

case5:私

 私は結婚願望がないわけではありません。パートナーは欲しいな、と思っています。
 しかし、婚姻届を提出して、披露宴をしたいかと言われると答えはNOです。
 事実婚が良い。

 ひなこさんのnoteにあるように、婚姻届を提出した時点で、親戚の幅が広がり、子どもが出来れば、子どもを通した世界が広がります。

 私はその広がりを望んでいません。

 今、一人暮らしで悠々自適に生活をしているので、余計に世界との繋がりを広めたいとは思えないのかもしれません。
 1年後には「やっぱり婚姻届を出して正式に夫婦になりたい」と思えるかもしれないです。

 でも、今は事実婚を求めている。それが私の結婚観です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます。スキやコメントがあると、励みになります。 サポートでいただいたお金は、より良い記事を書くために使わせていただきます。

励みになります!
16

戸崎 佐耶佳

26歳│社会不安障害・鬱病のため精神科に通院中│カウンセリング中│精神疾患のこと・日常の工夫・創作(詩や小説)を書く│アイコンはまんぷくメーカー様で作成│スキやコメントがあると喜びます│気軽に名前で読んでくれると嬉しいです。

エッセイ

好きなこと、心の闇、日常で感じたこと、思い出を徒然と書いています。ほぼ毎日更新しています。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

取り上げてもらってありがとうございます。どんな形でも愛する人がいるということは幸せだと思います。結婚は目的ではなく一つの過程だと思います。幸せになるかならないかは自分次第。してもしなくてもね。
ひなこさん

おはようございます。コメントありがとうございます!

結婚は本当に1つの過程だな、と思います。
家庭を築く難しさも、子育ての大変さもあるので、結婚がスタートではないような気がしています。

どんな形でも幸せになれればOKだと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。