あなたの知らない初級英単語"be”

SVC文型の真ん中で主語と補語をつなぐ連結動詞としてのbe動詞、

進行形を作る助動詞be、受け身を作る助動詞be。

主語となる名詞の種類によっていろいろ変化するbe動詞。

「一体お前の正体って何なんだ、be動詞よ」と思うことありませんか。

be動詞の動詞本来の意味は「存在する」。で、こいつ自動詞なんですよ。
つまり、SV形が作れる動詞なんです。

【I think, therefore I am.  われ思う, 故にわれあり. 】

の  I am =我あり 部分ですね

そして、「東京に行ったことがあります」=I have been to Tokyo.

の have been の部分。私はかって東京に存在しましたの意味。

あるいは「事務所にいるので」= I am at my office.
「ここにいます」= I am here.
「来ました」= Here I am.
「ただいまー」= I am home!
「いったい今どこにいるんだろう」=I wonder where am I now.

このあとに短い文法説明があります。マガジン購読していただく方がお得な設定になっています。

この続きをみるには

この続き:336文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジン購読で英語の豆知識や使える教材情報など英語のトレーニングに役立つノートが読めます。

あなたの知らない初級英語など集めました。

または、記事単体で購入する

あなたの知らない初級英単語"be”

ナカイサヤカ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ナカイ個人へのサポートはこちらにいただけるとすごく喜びます。本当にありがとう。

\(^o^)/ 時々投げ銭もお願いできると嬉しい
1

ナカイサヤカ

翻訳者。ASIOS会員。怪しげなものウォッチャーです。サイエンスカフェスタイルの勉強集会えるかふぇ と 「ふくしまの話を聞こう」のふくしま応援勉強会主催。最近医療ネタ多いかも。

英語のこといろいろ

あなたの知らない初級英語など集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。