見出し画像

戦争体験のお話会


さて、ひな祭りでもある3月3日でございましたが、
平成31年初の田中さんのお話会だったのでした。
この日は新たに見えた方が2名、その方含めて5名でのお話会です

ちなみに、新たに見えた方のうちお一人は、大叔父になる方が、
田中さんが参加した南太平洋海戦で航空母艦・翔鶴の艦上爆撃機隊に
所属してたという方で、同海戦では航空母艦・エンタープライズの攻撃に
参加していたそうです。
その後、田中さんがいたトラックに転属(とはいえ、所属違いで配属先の島も違ったそうです)、田中さんもご縁のあった鑓水さんの上司でもあったとか。
すごい縁ですよね!

そして最近、田中さんが発見したという航空母艦・ホーネットが発見された、
ということで、皆で動画を見ました。


田中さんも発見されたのは耳に挟んでいたものの、
映像をみるのは初めてだそうで、どうにも感慨深い様子でした。
自分が見つけた艦が、自分の生きてるうちに見つかるというのは、
それは感慨深くなりますよね。

しかしこの南太平洋海戦では、偵察のほか戦果確認もしていた田中さん曰く、
「アメリカの艦船につっこんでいった味方が落とされるのは
目をつぶりたくなった」と。爆撃後に撃墜される味方もあったそうです。
そう言わしめる南太平洋海戦、大敗を喫したミッドウェー海戦では
搭乗員の損耗が、艦船の被害に比べて大きくはなかったものの、
南太平洋海戦では、ベテラン搭乗員も多く戦死してしまって、
その埋め合わせが以後できなかったくらいに搭乗員に
手痛い被害があったそうです。


なおこの日、一番の話題をさらっていったんじゃないかと思うのが、
常連の栗原さん(89)。


直前まで具合が悪かったらしく、その時に夢を見たそうで…
なんでも、色々な年齢や性別の人が大きな船に乗り込んでいる場面で、
自分が乗ろうとしたら、切符が違うと追い返されて、券売機に行ったら
お金がないことに気が付いて、すったもんだしてるうちに船が出てしまった、と。
本人以外のが「それは三途の川だったんじゃ?!」と突っ込みをいれるも、
ご本人は意に介してなかった、と思いきや…
お話会終わってからポツりと「あれ乗ってたら死んでたろうね」と、
やっぱりご本人が一番思っていたのを感じました。

…が、お話会では、栗原さんがそんな調子だったからか、田中さんも、
悪くない人生でしたか、とか栗原さんに聞き出して…。
まだ終わってないし(^^;;
周囲のがハラハラすることの多かった、新年初めてのお話会でした、まる。

次回は5月5日こどもの日 開催です!
お申し込みはこちらから
http://sayoyo.wixsite.com/okikurumi34



文・写真 トオル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

sayo

子供の頃遊んだり、さらに小さ頃におばあちゃんがゴザ持って私を昼寝させに来た神社で朝市したり、初詣イベント企画したり、掃除したり、社務所ではお教室の開催などしています。子供の頃毎日遊びに行った恩返し(^^)http://sayoyo.wixsite.com/okikurumi34
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。