謎のアイデア集団を作りたい

新しい試みを思いついた。僕はこれまでたくさんの地域で「アイデア講座」を開いてきた。アイデアは簡単に生み出すことができる。それを伝えるために子供から老人まで、企業から行政や大学などの相談でワークショップを開催してきた。

WS後の生活で参加者はアイデアを生み出してるのか?

そのような活動を10年し続けて、ふと今まで受講した人たちは各々の暮らしや仕事でアイデアを生み出し続けているのか?と疑問に思った。おそらくアイデアを求められる機会はそうそうないのではないか。

うちのような会社には毎週のように新しいアイデアの相談が届く。
そして、これからはもっと多くのアイデアの仕事を増やしていきたい。日本で一番アイデアのある会社になりたいと思っている。とはいえ、アイデアマンを採用し続けるというのは経営的に非常にリスキーでもある。悩んだ。

組織の枠を超えた”力ある”集団

そこでハッと思いついたのがハッカー集団のANONYMOUSだ。
その詳細は誰も知らず、ただネットワークと意思で繋がった特定の目的を持つ集団。これがすごいヒントになり、僕はこんなことを思った。

アイデアに困ってる企業が、この集団に相談すると暮らしや仕事、趣味嗜好の異なる背景を持つアイデアマンから無数のアイデアが発案されるプランナー集団。

アイデアは多面的でいろんな価値観から眺めた方がいい。
講演会やワークショップで何度も伝えてきた。考える人それぞれ違うのが大切である。なのでアイデアが面白い・面白くないは関係なく、あなたと同じ誰かが共感してくれるでだろうと。

複業としてのプランナー

僕はプランナーとして10年以上アイデアを考え、売り続けている。奇抜なものから、ど真面目なもの、アワード取りまくるものから、小さなお店の盛り上げ案まで。アイデアで状況を変えたい。そんなオーダーが大小関わらず好きだ。そして、それが仕事になり、お金になっている僕は幸せ者でもある。
しかし、僕のような仕事の人間に会ったことがない。根本的に職業としては難しいのかもしれないと思っている。

しかし、ある程度やり続けた僕と、公園で遊んでる小学生が、ヨーイドンで考えだすと、どちらも経歴関係なく一プランナーだ。そして素人に負けることだってある。嫉妬するようなアイデアを繰り出してくる人を今までのワークショップでたくさん見てきたから。アイデアの世界には上下関係はまったくないのだ。むしろ、その人にしかない背景や経験こそが最大の武器になる。

アイデアを仕事にするのではなく「スキル」にすることが大切ではないか?と思うようになっている。アイデアをみんなの「複業」にしたらいいんじゃないか?そう思った。理想的な未来は、誰もがアイデアマンであること。いろんな場所でいろんな人がアイデアで状況を好転させていく。そんな未来に僕のような職種は不要で端的に言うと僕は僕の職業を消し去ること。

プランナー集団の基本的な動き

これらを踏まえて、こんな集団のあり方を考えている。

1)アイデアのワークショップを定期的に開催する
2)プランニングの方法を教え込む
3)受講生はFB秘密グループに任意で参加
4)このグループに属する人はNue incと守秘義務契約を交わす
5)弊社もしくはこの団体サービスでアイデアの相談を募る
6)企業名などは伏せた状態でお題シートがグループに展開される
7)コメント・手書きなどでアイデアが無数に寄せられる
8)ビデオ会議で多人数ブレストとかもする
9)集まったアイデアを厳選して、Nue incで企画書化し提案
10)アイデアに採用された人はフィーの○○%をキックバック

この秘密グループのメンバーは、これまでの実績ではなく人間的なプロフィール情報のみが記載される。年齢・性別もバラバラ。だからこそ色んな相談に対応できる。

成果報酬型の世界一簡単な仕事かもしれない

例えば10万円の報酬でアイデアの相談がくる。最終的に採択された発案者に10%なら1万円、50%なら5万円の報酬が支払われる。これが毎週何本も発案し、複数の案件で何案か勝ち残ればそれなりの複業になりそうだ。そしてアイデアはどこでも考えれる。お皿を洗いながら、お風呂に入りながら、学校の帰り道、公園のベンチ、どこでだって考えられる。

企画書化とかポンチ絵(説明絵)の作業コストがうちにかかるので全額戻すのは難しいけれど、みんなどうメリットを感じてもらえるか気になったので日記にまとめている。

発案力を育てる環境づくりの可能性

例えば、この「アイデア考えるの大好き人間グループ」が求めれば、毎月オンラインでもオフラインでもアイデアの種になるようなゲストを招いてトークもできるだろう。年に一回は、アイデアマンたちだらけの大宴会ができるだろう。企業の繋がりではなく、みんなのアイデアを考えつく才能がネットワークのように繋がる集団ができたら、それってすごい面白いんじゃないかと思った。

そのうち、日本で一番数もアイデアもあるプランナー集団が誕生して、色々なところでアイデアで状況を変えていくことが可能になるんじゃないか。そう思ったのです。うちだけだと供給できるアイデアの相談には、やはり限りがあるのでこのチーム自体をサービス化して売り込んでいくことで、一度アイデアをテーブルに乗っけると数日後には無数のアイデアであふれているなんていう素敵なソリューションが提供できるのではないかと思ったのです。

0期生募集してみる。うまくいくかは、わからない。

それで弊社新卒らを混ぜつつ、実験的にこの集団を4月から動かしたいと思っている。FBで反応を見ると結構な数がいたのでしっかりとイメージしていることを書き起こした。

この日記の公開とともに0期生の募集を開始できればと思う。
2月は恐ろしいほど忙しいので参加表明に対するレスは3月に入ってからと考えています。実施は4月を想定。場所は弊社の拠点でもある京都での開催です。1日4時間ほどのセッションを2回(おそらく土日)。基本的にはグループワークで仮想クライアントのオーダーの元、アイデア合戦とします。これらのセッションを受け、できれば0期生は全員グループにジョインしてほしいです。その先の運用テストも踏まえた0期生です。

このテスト運用は半年の期間を見て、可否を判断し解散する可能性もあります。僕や参加者にメリットが薄い場合、別の方法を模索します。

参加希望はこちら

本テストプロジェクトに関心ある方は、以下のメールアドレスまでになんでもいいのでメールください。

応募先メールアドレス
contact[at]nue-inc.jp
*[at]=@アットマーク

うまくいくかわかんないけど、いつもだと三千円くらい払って参加してるWSがタダで受けれるのでラッキーとか思ってもらえたら幸い。0回目は0円スタート。

長くなった…
あ、共感したけど参加ができない!とか参加する!って人はこの記事シェアしてもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は子どもに本でも買おうかと思ってます。

ビールおごるわ!
124

あたらしいまいにちノート

まいにちのあんなこと、こんなこと。
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。