見出し画像

【古代ギリシャ語・ラテン語学習者のつぶやき】どうしてギリシア語をやる上でトルコ語が必要になったのか

最近はコツコツと以下の書籍を勉強しておりました。

なぜ「古代ギリシア語マニア」を自称している人間がトルコ語を必要としたのか

実際にギリシア語に沈滞した人でないとピンと来ない話かもしれませんが、古代から現代までのギリシア語の変化を追っていくと、どうしてもトルコ語の影響を無視できない

それで私も「ギリシア語をより深く知るためのキーとしてのトルコ語」を、教科書一冊分勉強してみたわけです。これは面白かった。やっておいて、よかった。

ただし、「ギリシア語を勉強する上でトルコ語も必要になったので、あわせて勉強してみました」というこの話、ギリシアの人にはうかつにしちゃいけない話かもしれません。

喩えとしては悪いかもしれませんが、最近の日本人や韓国人に「日本語と韓国語ってそっくりですよね!」と無邪気に言うのと似た緊張感があります。

相手にもよりますが、うかつに外国人である我々が無邪気に話題にはしないほうがいいピリピリ感があります。歴史的因縁というのは東西どこでも厄介な怖さがありまして。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Teşekkür ederim(ありがとうございます)!
4

八代矢於紀(ヤシロ・ヤオキ)

とにかく世界の様々な言語学習が大好き!英語に始まり、今では古代ギリシャ語と中世ラテン語に埋没する趣味人となりました。・日本の怪談を英語で伝えたい!・古代中世の言語にもっと深入りしたい!・いずれはこの趣味を活かしたマニアックなリアル書店をやってみたい!の三観点の記事を連載しています

古代ギリシャ語・ラテン語学習者のつぶやき

「古代中世ヨーロッパに埋没している人間の目から見ると、現代の時事ニュースやトレンドはこう見えます」をテーマに、古代ギリシア語とラテン語というマイナー言語を究めることに地道をあげているライターが日々の所感を語ります
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。