見出し画像

【ビジネスマン必読書『君主論』全文を統計解析してみました】第8回:読解のキーパーソンとして出現頻度一位の「この人」の生き方を追おう!

前回の記事で、『君主論』全文中の登場頻度1位~4位の顔ぶれについての考察を行いました。

今回からはその続きとして、1位・2位を独占した「ボルジア親子」、3位のルイ12世に代表される「フランス王家」、4位の「教皇ユリウス2世」それぞれのキャラクターとポジションを詳細に見ていくことにします。

というのも、この四人の力関係がわかると、『君主論』におけるマキャベリの人物評価のスタンスもわかり、かつ、当時のイタリアの権力抗争の全貌も見えてくると思うからです!

まず今回は、『君主論』における登場頻度一位のこの人のことを詳細に見ていきましょう!

「この人」チェーザレ・ボルジアこそ『君主論』の表の主人公か!?登場頻度も評価も特別扱い!

そもそもチェーザレ・ボルジアとは何者だったのか?

キャラクター描写としてわかりやすく魅力的に描けれていると思うのは、『君主論(まんがで読破)』(イースト・プレス)での描写と思います。

『君主論 (まんがで読破)』(イースト・プレス)より引用

日本史でいえば織田信長に似ている人物、となるでしょうか。

いくつもの君主の領土に分裂していたイタリアの中の一勢力として登場しつつ、周囲の領土をどんどん侵略して併合し、あわやイタリア統一に手がかかるか、というところまで行った人物です。

その行動はまったく予測不能。優しいかと思えば残虐なこともするし、寛大かと思えば突然ひどい裏切も仕掛けてくる。

優秀で頼れるリーダーだが、どこか恐ろしい独裁者でもある、というイメージも、織田信長に似ているかもしれません

『君主論 まんがで読破』でも、そのあたりの善悪一体な感じがよく出ています。以下などは名場面ではないでしょうか

『君主論 (まんがで読破)』(イースト・プレス)より引用

このあたりの描写は、『君主論』第17章の、以下の有名なくだりを反映してのことでしょう(日伊対訳で引用します)。

・(君主たるものは)愛されるより恐れられるほうが、はるかに安全である
・è molto più sicuro l’esser temuto che amato

他にも君主論の第17章は、チェーザレ・ボルジアのリーダーシップを評価する、以下のような言及に満ちています。

「チェーザレ・ボルジアは残忍な人物とみられていたが、この人物が支配した土地では秩序が回復し民衆の生活は守られたのだから、むしろ慈善的な君主であったとみることもできるのだ」

「たとえばフィレンツェのような共和制の国では、残忍な政策をとれないがゆえに、民衆の生活がどんどん悪化するという事態に何も手が打てない。これに比べればボルジアのような独裁者のほうがよいともいえるのだ」

「それゆえリーダーたるもの、他人から残忍だとののしられることはまったく気にしなくてよいのだ」

この続きをみるには

この続き:1,378文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
「出世をしたい!」というがつがつした目的よりも、「君主論が描かれた背景のイタリアというのは厳しい時代だったみたいでさあ」などといった、文学通目線・歴史通目線でイタリアワインをちびちびやりながら格好つけてウンチクを語りたい人向けの君主論読み解きとなります。 書かれている内容をワインでも飲みながら仲間と「あーだこーだ」議論をする人に読まれるほうが、中世イタリアの教養人である著者(ニコロ・マキャベリ)には喜ばれるんじゃなかろうか!

ビジネスマン必読書とされる、イタリアの古典『君主論』。その全文をテキスト処理ソフトに投入してみました。 「一番多く言及されている人物名...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Ευχαριστώ!!!
6

八代矢於紀(ヤシロ・ヤオキ)

とにかく世界の様々な言語学習が大好き!英語に始まり、今では古代ギリシャ語と中世ラテン語に埋没する趣味人となりました。・日本の怪談を英語で伝えたい!・古代中世の言語にもっと深入りしたい!・いずれはこの趣味を活かしたマニアックなリアル書店をやってみたい!の三観点の記事を連載しています

知性派ビジネスマン必読書『君主論』全文を統計分析してみました

ビジネスマン必読書とされる、イタリアの古典『君主論』。その全文をテキスト処理ソフトに投入してみました。 「一番多く言及されている人物名は?」 「一番短くて読みやすい章は?」 「ネガティブワードと一緒に出てくる頻度の高い人物名は?」 等、様々な視点からこの名著を読み解きます。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。