見出し画像

日本の「怖い話」を英語で語ろう!【#2:カナダ人の英語教師にオオウケした「カズノリさんの話」】

「海外の人たちに向けて、日本の怖い話を、英語でうまく語りたい!」
という夢に向けて、今日も外国語勉強を頑張り中です!

さて前回、「自己紹介を兼ねて」と題しまして、
「カナダ人に英語で怪談をしたら大喜びされた」という出来事に簡単に触れましたが、
今日は、その出来事の詳細を、文章にしてみますね。

怪談『新耳袋』のエピソードを披露する

そのカナダの方は、私より少し年上(背は私よりずっと上、、!)の美人教師でした。見た目はツンツンしてそうに見える感じ(※少し話すと、めちゃくちゃ気さくな人だと判明)。
さて、彼女に、いったいどんな怪談を話したのか、というと、

古典怪談でも現代都市伝説でもなく、
あるオムニバス映画の1エピソードを、
多少、自分なりのアレンジを加えて、
英語で語ったのです。

その映画というのは、『劇場版 怪談新耳袋』。
そのオムニバス映画内の、
『約束』というエピソードをモトネタにしました。

そもそも『カズノリさんの話』とは?

この映画を見たことはなくとも、もしかしたら日本の動画サイトで、
「カズノリさん」というホラーマニア間のスラング(?)が
コメントで飛び交っているところを見たことがある人が、
いるかもしれません。
その「カズノリさん」の、モトネタもまた、この映画です。

おっと、あらかじめ申し上げておきますが、この『劇場版 怪談新耳袋』、何が怖いといって、「ポスターおよび予告編のサムネイルが一番怖い」(!)という厄介な代物なので、心臓の弱い方は、うっかり画像検索・動画検索をしないようにご注意ください!
自信がある方は、Youtubeで予告編を探してみてください。いろんな意味で、ブッ飛びます!本気で怖いですよ!

『カズノリさんの話』のあらすじ

主人公の若者は、ある日、叔父に長期出張中の留守番を頼まれる。
若者の叔父は、超高級マンションで一人暮らしをしている、
たいへんなお金持ち。
留守番として、そのマンションに数日、泊まれると、ウキウキ気分で乗り込んだ主人公。


「叔父さん、留守番の間に、何か気を付けることはある?」
「ひとつだけ、約束してくれ。一日に、一回、名前を呼ばれるから、そのときは忘れずに、返事をするんだぞ」
「え? 呼ばれるって、誰から?」
「いいから、約束だぞ」

そう言い残して、叔父は、スーツケース片手に去ってしまった。
残された主人公は、叔父の高級マンションで、
昼間からワインを飲んだり、
大型テレビで映画を楽しんだりと、
悠々自適なお金持ち気分。

ところが、突然、どこからともなく、若い女性の声が、部屋に響く。
「カズノリさん」
「?? ・・・は、はい!?」
翌日も、その翌日も、同じことが起こる。
ちゃんと返事をすると、それ以上は、何も起こらない。

主人公の若者は、最初は気味悪く思うのですが、だんだん、慣れてきてしまって、

「カズノリさん」
「ふわぁーい」

と、留守番日程の後半になると、反射的に、いい加減な返事をするだけとなっていきます(※いい度胸ですよね、、、)。

そして、留守番の最終日。
主人公が、しょうもない下心をもって、「ここがオレの家なんだ」とガールフレンドを部屋に連れ込んだところ、、、

うわぁぁぁぁ!!

・・・と、これ以上はネタバレになるので、あらすじ紹介はこれくらいに。

どこが英語教師にウケたのか?

このエピソード、「(たぶん東京山の手内の)高層高級マンション+地縛霊(?)」という取り合わせが現代っぽくもあり、とても面白い物語となっています。

ただし、オチについては、映像でバーンと(あるものを)見せる展開となり、ここは口頭での物語には合わないので、
すいません、勝手ながら、私が人に怪談として語るときは、オチについては独自アレンジを加えております。
こういうふうにして、怪談というもの、口から口へと渡っていくうちに、どんどんオヒレがついて、変形進化していくものなのですね。と、私自身も、いまさらながら、実感いたしました。

冒頭のカナダ人が喜んだのは、私がこの話を英語に変換して語った際の、

Kazunori-san!
Hai!

のやり取りの、繰り返し。
英語とはいえ、名前には「san」付け、返事も「Yes」や「I'm here」などに無理に翻訳せず、「Hai!」としました。「日本で起こった物語」としての雰囲気を出すためです。

特にKazunori-sanは、無機質に、機械的に、ベッタリな日本人発音で、ゆっくりと発音して、雰囲気を盛り上げましょう。これが、ウケました。

この怪談を聞いた、カナダ人英語教師、「面白かった!」と感心し、
そのお返しに、向こうからは、英語圏の怖い話を披露してくれまして、
とても仲の良い雰囲気で、その後のマンツーマン英会話プログラムが進んだ、という次第です。

まとめ

この出来事の後、日本の怖い話を英語で語る、という行為にすっかりのめりこんだ私、ほかにもいろんなことに出会いましたので、またおいおい、このノートで紹介していきますね。

ところで、「自己紹介」で紹介させていただいた、「私の英語人生上の、もうひとつの事件」、

調子に乗ってイスラエル人英語教師にも怪談話をしたら、「英語がなっちょらん」とボコボコにされた話ですが、、、

こちらは、次回の記事の話題といたしましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Ευχαριστώ πάρα πολύ(ありがとうございます)!
1

八代矢於紀(ヤシロ・ヤオキ)

とにかく世界の様々な言語学習が大好き!英語に始まり、今では古代ギリシャ語と中世ラテン語に埋没する趣味人となりました。・日本の怪談を英語で伝えたい!・古代中世の言語にもっと深入りしたい!・いずれはこの趣味を活かしたマニアックなリアル書店をやってみたい!の三観点の記事を連載しています

日本の「怖い話」を英語で語ろう!

もともとそんなに英語に興味がなかったはずの私が、ある事件をきっかけに、英語の猛勉強を開始し、いまや、それなりに英語で仕事をできるくらいになれてしまった、そのきっかけとなったのは、、、「日本の怖い話(江戸怪談から現代の心霊投稿モノまで)を面白おかしく英語で語ること」。 私の...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。