見出し画像

ワーホリ以外の道もある

あっという間に7月も終わり!毎日派遣社員としてめちゃくちゃ働いております。早くお金貯めたい。

ところで、前に書いたこの記事のビザはこの記事 (https://note.mu/scarletblue/n/n44985b925ad2) に書いたビザはCo-opなのだけど、今日ポストグラデュエートパーミットってシステムを知った。カナダの学校に通った期間(最低8ヶ月)と同じ期間働けるビザが降りる制度らしい。ワーホリと違って年齢関係ないし良さげ。こんなのあるの知らなかった。改めて考えてみると、カナダに行く方法ってたくさんあるんだなと思う。30歳以下だったらワーホリ、超えてもCo-opやポストグラデュエートシステムがある。ワーホリだけが有名で、30超えたからと諦めた人がいるとしたら大声で言いたい、方法けっこうたくさんある!さすが移民の国…。
私がたまたま見たのはここ
https://visajpcanada.com/school/

書き方がテンプレすぎて胡散臭さあるけどググってみたら本当にある制度みたい。私が仕入れてる情報としてはバンクーバーだったらランガラカレッジがおすすめ。ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)に転入するカレッジの定番。UBCだったらみーーんなここ!ランガラからUBCに転入した人3人くらい知ってる。まず、ランガラは行けてもUBCは永住権取らないと学費がべらぼうに高いんだけど…。
ということで相変わらず働いてるんだけど、4月から今の会社に行き始めてもうすこししたら8月で。こんなに長く同じ会社で働くの初めてだし、今みたいな給料貰うのも初めてだし、まじで自分偉すぎでは?!?ってなってる。私えらい本当にえらい…。早くカナダに行きたい。それだけが楽しみだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!ありがとう!!💋
4

TSUKASA

92年生まれ、田嶋陽子先生「愛という名の支配」と同い年のフェミニスト。「ルーキーイヤーブックワン」の翻訳インターン参加をきっかけに「Sister Magazine」を立ち上げ、ライターとして経験を積む。2020年1月から俳優、映画監督を目指してカナダ🇨🇦へワーホリ出発準備中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。