SCOUTER開発記

3
ノート

プロダクトローンチ1ヶ月の功罪②

前回のエントリー「プロダクトローンチ1ヶ月の功罪①」ではSCOUTERリリースから1ヶ月でやって良かったことを簡単にまとめた。その後、IVS Launch Padに出場したことや、新たなリリースに追われ、40日も間隔が空いてしまったが、功罪の罪について本エントリーで思い返そうと思う。

取り組んで良かったこともあれば、予想に反して悪い方向に行ってしまったことも当然あるが、それはあくまで結果論であり

もっとみる

プロダクトローンチ1ヶ月の功罪①

初回エントリーが想像以上の反響があり始めた甲斐を少し感じてます。今回はリリース後の内部の動きについて書こうと思い、画面に向かっています。

前述の通り、SCOUTERは11月の着想から約4ヶ月の開発期間を要しました。同様のサービスが日本にはないことを考慮し、開発に際しては必要最低限の機能=MVPを定義しスタートしました。MVPはみなさんご存知、著エリック・リース「リーン・スタートアップ」に下記のよ

もっとみる

SCOUTERを始めた3つの理由

ついにblogを始めましたRENOの中嶋です。RENOという会社を大学3年で始め現在に至ります。

まず今僕らが何をやっているかについて簡単にご説明します。

SCOUTER

端的に言うと、ユーザーさんにヘッドハンターになってもらい、求人にマッチした人材を紹介してお金がもらえるサービスです。

転職者、紹介者それぞれに転職後の年収の5%を報酬としてお渡ししています。

海外には既に大き

もっとみる