SCOUTER 新規事業はリファレンスチェック「信頼の積立と実績の繰越し」

履歴書、職務経歴書、1時間程度の面接。たったこれだけで相手を評価することの難しさは、むしろ回を重ねる毎に増しているように感じる。それは同時に面接を受ける候補者にとってもまた、自分の経験や魅力を伝えることは難しい。

複数回の転職が当たり前になり、フリーランスという働き方が生まれた現在、これまでのように在籍していた会社の規模やブランド、在籍期間で個人を推し量ることの無意味さは日々増していることは自明であるにも関わらず、判断基準となる情報量自体は変わっていない。
だからこそ気付かぬうちに間違った意思決定をしてしまう。

迷った時は不合格にすると主張する人がいる一方、面接では迷わなかったが結果的に失敗に終わったこともあれば、不合格と判断した人が、別の場所で大きな成果を出したことを知った時には、えらく落胆したことだってある。こういった類の経験は採用に従事する者なら避けては通れないのではないだろうか。

入社して活躍する人、そうでない人との面接時の差は、決して大きなものではない。もちろん限られた時間で自身を売り込むこともまたスキルの高さであるが、入社後に成果を出せるかどうかは比例しないことも当然にある。緊張で上手く話せなかっただけかもしれないし、どこまでが作り話でどこからが本当の話なのかさえ、誰も分からない。

採用面接は相手を信じたい気持ちと疑う気持ちが常に入り混じる。

そんな曖昧な気持ちに終止符を打つために、今回僕は新たなサービスを作っている。それが「backcheck」というリファレンスチェックサービスである。

リファレンスチェック(ここでは前職の同僚や上司から推薦をもらうことを示す)と聞くと、何だか物々しい雰囲気を感じる人も少なくないと思う。しかし実際には、誠実に仕事をし、徳を積んだ人にこそ次のチャンスが来るべきであることは言うまでもない。

転職市場における「信頼の積立と実績の繰越し」ができる世の中を作ることこそが、本当の意味での平等であり、新卒で入社した会社、最も多くの時間を費やした会社の知名度で、その人の人生の上限が決まってしまうような生き辛さを払拭できるチャンスなのではないか。

これからの時代、どんな会社で働こうが、どれだけの期間在籍しようが関係ない。一番重要なことは、自分のことを一番近くで見ている人々が信頼し応援してくれるような仕事ができているかどうかだ。そう言い切れるように、backcheckというプロダクトの普及を通して、採用における新たな指標を作り出したい。そしてこれがHR Techの本命プロダクトになると心から信じている。

近々正式なお披露目ができるよう、頑張って行きます。
https://backcheck.jp/

SCOUTER 代表取締役 中嶋汰朗

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50

Taro Nakajima

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。